なんでも情報リポ
 HOME>>記事一覧>>なんでも情報リポ No.2「インターネットで見る日本&世界のTV」

インターネットで視聴可能な世界のTV

 NO.2となる今回は「インターネットで視聴可能な世界のTV」について紹介します。

 インターネットテレビの現状

 前回はインターネットで読める新聞についてリポートしましたが、新聞と同様にテレビもインターネットを通じて視聴出来るようになりつつあります。ただ、日本のテレビに限ると、インターネット専用TVのGYAOなどはあるものの、地上派で放送されている番組については録画放送を除き、同時配信されていないのが現状となっています。
 その一つの理由として、民放では広告料を定める一つのベースとして視聴率を使用しているらしく、もし、インターネットで地上波の放送を流してしまうとそちらに偏り、テレビとしての視聴率が低下し、それに伴い広告収入が低下してしまうといった恐れがもあるかららしいです。

 一方、世界を見てみるとアジアを中心に、その地域で放送されている番組をそのままリアルタイムで視聴する事が可能になっています。もちろん全てというわけではなく、中にはそのテレビ局に会員登録しないと見れないといったテレビ局もありますが、無料なので気軽に楽しむ事ができます。

 そこで今回は、インターネットで視聴できるサイトを紹介します。

 ちなみに紹介しているサイトは前回と同様、外部のリンクになりますので、リンク先でのトラブルは保証しかねます。閲覧につきましては自己責任でお願いします(私もアクセスしているので問題はないとは思いますが^^:;)。


 視聴できるサイト

1.イカ天。世界のTVガイド(日本語)
 このサイトは地域ごとに分かりやすく分類され、LIVEか録画なのかといったことも明記されているので、かなり見やすいレイアウトになっています。また、世界だけではなく、日本のオンデマンド番組(自分が見たい時にみる形式)や録画放送もかなりの数がリンクされており、無料か有料も明記されています。

2.wwiTV.com(英語)
 このサイトは、英語ですが最初に紹介したサイト集と同じくらい豊富にリンクされています。以前、トリノオリンピック直前に、地元イタリアのテレビ局を検索したところ、オリンピック直前情報番組を放送していました。

 韓国のKBSなど一部、会員登録しないと視聴できないテレビ局もありますが、この2つのサイトだけで十分楽しめると思います。
 
 また、上記以外にP2Pの技術を利用した「TVants」という無料のソフトウェアもあり、アジアを中心に500以上のチャンネルを無料で視聴することが可能です。特に欧米のスポーツ番組(海外リーグ等)を視聴できることから、スポーツファンにとってはかなり興味深いソフトウェアになっています。
 私も台湾の野球中継や07年12月に行われたアジアオリンピック野球最終予選(日本戦以外)を視聴した事がありますが、著作権等の問題もあり、今後どうなるかは分からないようです。
 興味のある方は「TVants」と検索すると日本語版などいろいろと出てきますので、そちらを参照するといいと思います。

 以上で今回のリポートは終了ですが、以前であれば海外旅行に行った際に、言葉が分からなくてもその国のテレビを見るというのも一つの楽しみでしたが、今ではインターネットを通じて気軽に視聴できるようになり、世界はどんどん狭くなってきている感じですね。


[記事作成日:2008年10月2日]
※2006年2月16日付けで公開していた内容を「なんでも情報リポ」としてリニューアル作成しました。(2008年10月2日)






トップページに戻る   FAQ   お問い合わせ
 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2008