トップページ >> 記事一覧 >> 第135通:令和2年1月終了


■令和2年1月終了


プロフィール










  
記事作成日時:2020年1月31日(金)21:35

アメリカvsイランで始まった令和2年1月の相場も本日で終了しました。1月後半以降は新型肺炎の影響もあり、日経平均だけでなく、私の主戦場である新興市場にも大きな影響を及ぼしました。

私自身も1月中旬ぐらいまではかなり順調であったのですが、1月下旬以降は新型肺炎の影響を受け、最終的には39勝20敗2分、売買差益は+約8.1万円で今月を終えました。

売買差益だけをみれば十分ではあるのですが、その一方で含み損に転落したため、新型肺炎が落ち着くまでは銘柄を入れ替えながら損失を最小限に抑えつつ、乗り切っていくしかないのかなと思っています。

ただ、いつ落ち着くのかが全く見えてきません。仮に新型肺炎がこのまま広がりつづけると、中国は世界における製造業の生産拠点でもあるので、世界経済に及ぼす影響が計り知れないものがあります。

既に株価も5G銘柄を含め、幅広いジャンルで下落しており、株価だけでみれば買い時ではあるのですが、今回ばかりは先が見えないので、利確してきた資金の再投入は見送っています。

極力、中国に関連する銘柄は業績に深刻な影響を及ぼす恐れがあるため、保有しないようにしてはいますが、日本国内で広がってしまうと、持ち株を見直さなければならなくなります。

そうなってくると商用化が間近に迫った5G関連銘柄の保有も難しくなるので、早く収束してくれることに期待をしています。



JPN-WORLD.COM  FAQ  お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2013-2020