トップページ >>2018年の記事一覧>>平々凡々便り・189通

◇過去の記事◇
2018年の記事一覧
2017年の記事一覧

2016年の記事一覧
2015年の記事一覧
2014年の記事一覧
2013年の記事一覧
2012年の記事一覧

2011年の記事一覧
2010年の記事一覧
2009年の記事一覧

2008年の記事一覧
2007年の記事一覧
2006年の記事一覧




           平々凡々便り・189通 2018年9月5日 18:55


■想像以上だった台風21号

 久しぶりに温帯低気圧にならずに北海道の日本海側を通過していった台風21号の話ですが、想像を超える風の強さと蒸し暑さにより、午前4時ぐらいまで寝れませんでした。

 昨日の午後11時台にちょっと外に出てみたのですが、その時点でもかなりの風の強さだったので、非常に心配でした。その後、午前0時以降、猛烈に風が強くなり、特に午前2時〜4時ぐらいはまさに恐怖といった感じでした。

 寝ようと思っても蒸し暑さに加え、風の音と共に家が揺れるような感じがあり、とても眠れるような状況ではありませんでした。

 また、函館近くを台風が通過中の際に、ツイッターのリアルタイム検索で函館の状況を探ったところ、窓が割れたとかという恐怖のツイートも見てしまっていたので、それも恐怖を増幅させる要因になっていました(笑)。

 一応、停電に備えて携帯の充電も済ませてはいたのですが、最終的には私が住んでいる場所では停電もなく、近所で屋根が剥がれかかった家もあったようではあるものの、大きな被害もなくといった感じでした。私も台風が北海道から少し離れたことを確認したあと、いつの間にか寝ていました。

 ただ、私はどんなに遅く寝ても自然に8時台には起きる癖(株を保有しており、株式市場が開く9時以降に起きると寝坊した感覚に陥り、それが嫌なためw)がついているため、今日も例外なく、8時台に目覚めたのですが、睡眠不足な上に疲れがどっと溜まった感じで、少し頭痛もあるといった状態でした。

 なお、本日は仕事が休みだったこともあり、結局、夕方の時間帯まで何度かうたた寝もし、とりあえず睡眠不足のほうは解消できたかなといった感じですが、疲れは残ったままです(笑)。

 北海道は冬に猛吹雪で同じようにゴーゴー鳴りながら、強風が吹くことはあるものの、さすがに今回ほどの暴風は未知の体験で、率直にかなり焦りましたが、何はともあれ、これで一難去ったので、今はホッとしています。

 あと、この台風関連でもう一つ気になるのが関西空港の被害についてで、来月23日〜25日に京都でファーマフーズという会社の株主総会へ行くため、既にピーチの航空券(新千歳〜関西空港)も手配済みの状況です。

 滑走路もそうですが、私がいつも利用している京都アクセスきっぷ(南海鉄道〜大阪地下鉄〜阪急電鉄を利用する割安な切符)で関西空港〜京都間の移動が可能なのかも現状、まったく分かりません。

 まだ1ヶ月以上あるとはいえ、復旧までにかなりの時間がかかり、経済にまで影響を及ぼす可能性があるという見方もあるようなので少し心配です。

 ただ、秋の株主総会巡りはもともと昨年で最後にするつもりでいたこともあり、前々から返金不可のピーチの航空券(往復で約8,500円)は買ってはいるものの、行くとそれ以外の経費もかかるので、行かずに韓国旅行に資金を回そうかと迷ってはいました。

 今は行く方向で考えてはいますが、もし、復旧が間に合わずに飛行機が飛ばない場合は、返金不可の航空券でも返金はされるはずなので、どっちに転んでもいいかなと思っています。









 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2018