ジェーピーエヌ・ワールドドットコム(http://www.jpn-world.com/)
アジアの旅行情報を中心に紹介している個人のサイト
初めての方へ  リンク集  サイトマップ
ホーム(Home) 当サイトについて(About this site) ニュースリリース(News Release) よくあるご質問(Faq) お問い合わせ(Contact us)

HOME >>当サイトについて>>主要部門別・年別アクセス数

主要部門別・年別アクセス数


ここでは集計を始めた2008年から前年までの当サイトにおける年別のアクセス数を公開しています。対象はサイト全体のトータルと主要部門別(海外旅行情報、電卓検定講座、映画のコーナー)ですが、主要部門別は訪問者数のみとなっています。

なお、2008年については7月から集計を開始したため、7月~12月の6ヶ月間の数字になっています。また、2012年についても3月分のデータの記録をとっていなかったため、その月を除いた11ヶ月間の数字となっています。

サイト全体

■サイト全体の年別総アクセス数・訪問者数


[数字の推移の解説と今後の見通し]
集計開始から2011年までは総アクセス数・訪問者数共に右方上がりで順調に推移しておりました。2012年に関しては11ヶ月間の数字であることから、数字が下がっているように見えるものの、12ヶ月に換算すると前年とほぼ変わらない状況であったと推測しております。2013年以降は円安の影響もあり、海外旅行情報へのアクセスが減少し、2014年に至っては訪問者数が10万人を下回る厳しい状況となりました。しかし、2015年は電卓検定講座への訪問者数が大幅に増加した他、海外旅行情報へのアクセス数も一部の地域でページ表示の高速化に取り組み、回復傾向にあったことから、トータルでは過去最高の訪問者数を記録しました。2016年も開設10周年を記念し、引き続き、ページ表示の高速化や過去にないスピードでページの作成を実施したこともあり、訪問者数・総アクセス数共に過去最高を更新しました。2017年は海外旅行情報への訪問者数が減少した他、アクセス解析を10月から順次、グーグルアナリティクスに変更した影響もあり、大きく減少しましたが、トータルでは2016年に次ぐ、訪問者数・総アクセス数を記録しました。

2018年は、これまで同様に新規ページの追加を中心に積極的に作成に取り組む予定ではあるものの、円安の進行や隣国との関係悪化による海外旅行情報へのアクセスの減少が予測される他、引き続き、アクセス解析を変更した影響を受けることが予測され、訪問者数・総アクセス数共に2017年を大幅に下回ると予想しております。


主要部門別

■海外旅行情報への年別訪問者数

[数字の推移の解説と今後の見通し]
当サイトへの訪問者数全体の50%以上を占めているということもあり、数字の推移はサイト全体の訪問者数と似た傾向になっています。2013年以降は円安の影響もあり、大きく訪問者数が減少しましたが、2015年はページ表示の高速化の作業を行った他、韓国・釜山の訪問者数が増加したこともあり、前年比約8,000人増の改善がみられました。さらに2016年は円高の追い風と共に、全地域のページ表示の高速化を実施した他、韓国においても新たに扶余、光州、大邱を公開し、訪問者数を伸ばしました。また、台湾とカナダへの訪問者も過去最高を記録したことから、前年比で約20,000人増となり、当部門への年間トータルの訪問者数も、過去最高だった2011年を上回りました。2017年は、台湾と香港への訪問者数は過去最高を記録した一方、韓国旅情報においては、新たに金海、水原、昌原の地域を追加したものの、関係の悪化、円安、アクセス解析を変更した影響などもあり、全体的には減少となりました。

2018年は、韓国において、新たに慶州、木浦、梁山のいずれかの地域を公開する予定でいるのに加え、釜山、昌原、大邱の旅情報にもより力を入れて取り組む予定ですが、全体的には燃油サーチャージの上昇や円安が進むことが予測される他、隣国との関係が不透明であることから、大幅に減少することを想定しております。


■全経電卓計算能力検定講座の年別訪問者数

[数字の推移の解説と今後の見通し]
集計開始から全ての年で前年の訪問者数を上回って推移しており、順調に訪問者数が伸びています。特に2015年以降は増加の要因が不明なものの、大きく訪問者数が伸びました。

既に完成したコーナーであるため、新たに何かを追加で作成する予定はありませんが、修正が必要な点が見つかれば早急に改善し、さらに多くの方々に利用していただけるよう努めていくつもりでいます。


■ゴールデンロード劇場(映画のコーナー)の年別訪問者数

[数字の推移の解説と今後の見通し]
公開以来、『全国映画館外観巡り』のコーナーの訪問者数が堅調に推移し、2016年には新たに『海外映画館外観巡り』がスタートし、大きく訪問者数を伸ばしてきましたが、2017年はアクセス解析を変更した影響もあり、11月以降は軟調に推移し、2016年を上回ることができませんでした。

2018年は、引き続き、『海外映画館外観巡り』のページを中心に積極的に作成を行い、一人でも多くの方々に訪問していただけるよう強化を図っていくつもりでおります。



当サイトについて
ご挨拶
サイト概要
今後の展開
運営者のプロフィール
これまでの歩み
主要部門別・年別アクセス数
バナーについて



記事更新日:2018年1月4日




トップページに戻る   FAQ   お問い合わせ
 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2006-2018