トップページ>>記事一覧>>
第111通 2018年9月14日22:40


■再びエコモット利確 他

 9月初旬に1,047円(100株)で購入していたエコモットですが、本日1,169円で売却し、利益確定しました。

 売却した理由は後場のスタート時に大口なのかは分かりませんが、大きな買いが入り、いきなり上昇したためで、もしかしたら、何かの情報を掴んだ大口の買いなのかとも思ったのですが、結局、地震で注目をされて以降、下落を続けており、本日も一時1,060円まで下げるなど軟調続きだったので、急上昇したのを機に一旦売る選択をしました。

 ただ、エコモットへの期待は何一つ変わっていないので、1,100円以下まで下落してこれば、また再インしようかとも思っていますが、本日の終値ベース(1,133円)での時価総額は50億円を超えており、予想PERも64.01、PBRも10.77で、前回1,047円で再インしたときと比べると、当然ながら割安感はないので、焦らず、行こうと思っています。

 また、その一方で、前にも一度買おうか迷っていたニーズウェルも1,100円台後半で推移し、本日終値時点での時価総額が50億円を下回っている状況なので、ニーズウェルに乗り換えようか迷ってもいます。

 ニーズウェルは先月の第3四半期の決算で期ずれ等で減益減収となり、1,400円近辺から落っこちてきたのですが、通期予想は修正なしですし、通期で見れば右肩上がりな上、配当も1株25円なので、手堅く行くのであればニーズウェルもありかなと思っています。

 あと、話が変わって、4年連続株主総会に参加中のファーマフーズですが、本日300株保有しているうちの100株を売却しました。

 正確にいうと、一昨日の決算発表前に541円で100株利益確定した後、昨日の朝に498円(100株)で拾いなおし、その拾いなおした100株を本日537円で再び売却したという状況です。

 ちなみに本日売却した後、そのまま大幅上昇し、結局、ストップ高で引けてしまいました(笑)。

 ただ、まだ200株はありますし、もともと昨日も買いなおしはせずに別な銘柄を買おうか迷っていた位なので、早く売ってしまったことに後悔はありません(笑)。

 むしろ、これまで決算への期待が強すぎて、なかなか出来なかった決算発表前に売って、決算発表後に買いなおすというトレードを、決算発表までの値動きや過去の傾向から予想(決算前に上昇する場合は決算発表後に下げる確率が高いのと、ファーマフーズ恒例の上期の業績が赤字予想が出て、下げる確率が高いと予想)して実行できたので、一歩成長できたトレードだったのではないかなと思っています。

 なお、ファーマフーズを売却した資金ですが、昨年一時期保有していたタカラレーベンを買ったのですが、何かしっくりこずに同値で売却し、この前保有していた安川情報システムを403円で購入しました。

 昨日と今日のトレードで合わせて+約2万円が上積みされ、今年の年間の売買差益も+25.4万円となり、ようやく約2ヶ月半ぶりに今年の売買差益の最高値を更新しました。

 一時期目標にしていた年間+50万円はかなり厳しいですが、+30万円ぐらいまでは地合いが悪化しなければ行けるかもと思っています。

 最悪、今の+25.4万円で終わったとしても、既に昨年(+18万円)は超えていますし、大体、100万円前後で運用していることを考えれば、年利で20%以上は達成できているので、悪くはないのかなと思っています。








一覧に戻る










 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2018