トップページ>>記事一覧>>
第109通 2018年8月30日23:30


■2対2のトレード(Jストリーム利確 他)

 昨日の話ですが、8月24日に502円(100株)で買っていたJストリームを599円で利益確定しました。

 Jストリームを売却した理由は、8月27日に同社のマルチCDNがテレビ朝日の動画サービスに採用されたというニュースがあり、翌日はストップ高で引け、そのまま次の日も上昇するかと思いきや、前日比で-10円ぐらいで推移し、思ったよりも上昇しなかったので、もういいかなと思い、売ることにしました。

 その代わりに映像、イベント、クリエイティブ、プロモーションを提供する株式会社レイという新しい銘柄を460円で買ってみました。

 レイは昨年末にテレビ朝日と資本業務提携し、今年の1月には株価が一時4桁に到達するなど、大幅に上昇していました。ただ、その後は下落を続け、先日少し値を上げて、現在の株価に至っているという状況です。

 私がレイを買った理由は、Jストリームに代わるVR・AR・MR関連の銘柄が欲しかったのと、普通に業績も安定しており、時価総額も約65億と小さめなので、ちょっとしたきっかけでまた上昇することもあるかもという軽い気持ちからでした。

 テレビ朝日との提携の効果も、これからどんどん出てくると思うので、一応、長期で保有するつもりですが、同じぐらいの価格帯でAI・iOT・AR関連の安川情報システムも気になっているので、数十円プラスになったら、安川情報システムへ引越しするかもしれません(笑)。

 さて、それとは別に429円で買っていたメディカルシステムネットワークを428円で売却し、新たにセキュリティ関連のハイパーという銘柄を購入しました。

 法人向けのパソコン販売が主力のハイパーは、ここ最近気になり始めた銘柄で、売上高は順調に右肩上がりである他、アスクルの代理店も兼営しています。また、今年の1月にはAppGuard Marketing(AGM社)と提携し、同社が販売するサイバーセキュリティ製品である「AppGuard」の提供を開始しています。

 私がハイパーを購入した理由は、前々からサイバーセキュリティ銘柄が欲しかったのと、今後のWindows7終了を見越した相場への期待からでした。

 もちろん、そんな相場は来ないかもしれませんが、私が株を始めた2013年4月には、WindowsXPのサポート終了(2014年4月終了)に伴うひと相場がありました。ちなみにその時はまだ初心者だったこともあり、大きく上昇した後のデジタルアーツを購入してしまい、その後損切りしました(なお、現在のデジタルアーツの株価はその時から3倍以上に上昇w)

 Windows7のサポート終了はまだ先の話とはいえ、Statcounter Global Statsのデータによれば、2018年5月時点の「デスクトップWindows版市場シェア/ワールドワイド」で、未だにWindows 7のシェアが39.44%もあるとされています。

 2018年6月11日付けのレンテック・ジャーナルの記事(Vol.174 「Windows 7」のサポート終了は2020 年1月14 日)でも、WindowsXPのサポート終了時と同様の混乱が起きることが予想されると書かれている他、他のところでも「XPの反省をどこまで生かせるか MSのWindows 7 EOS対策(ITmedia)」 「XPの悪夢再び?--今日から始めるWindows 7 EOS対策(ZDNet Japan)」など、特に今年に入ってからWindows7の終了を意識した記事がチラホラ見られます。

 私自身もメインのパソコン(Windows7)を2010年から8年以上、買い替えず(旅行用のサブPCはWindows8.1)に使い続けているのですが、既にXPの時以上の年数を使っています。

 私の話は別にしても、Windows7のサポート終了の影響は、かなり大きいのは確かなので、どこかで取り上げられて、関連銘柄が大きく上昇する日が来てもおかしくないと思っています。

 仮にそういったことがなかったとしても、ハイパーの時価総額は50億円以下であるのに加え、株式発行総数も約860万株、売上高も右肩上がり、配当・優待(クオカード)もありという感じで、再び大きく上昇するポテンシャルは秘めているので、中長期で様子をみるつもりでいます。

 最後にブロードバンドタワーの話ですが、実は昨日、再び300円台まで上昇したので、最後の100株も302円で一旦手放したのですが、5G以外にもAIや動画配信関連銘柄としての期待もあり、完全に手放してしまうと、代わりとなるAI銘柄や動画配信関連銘柄が欲しくなり、持ち株のバランスが崩れるので、結局、278円まで落ちてきたところで再購入しました。

 ここのところ、そのブロードバンドタワーや他の銘柄で利確ができていることもあり、ようやく直近1ヶ月間の実現損益もプラスに転換し、投資金額全額回収(88万円)の目標のほうも、あと残り約29.5万円となり、だいぶ回復してきました。

 ただ、銘柄の探索(研究)や株の売買などでスマホやパソコンの画面を見過ぎたのが原因かは分かりませんが、1週間ぐらい前から右目が重く、また霞もあり、あまりいい状態ではないので、しばらくは株への時間を大幅に減らして、目を休めようと思っています。

(直近1ヶ月の実現損益)















一覧に戻る










 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2018