トップページ>>記事一覧>>
第108通 2018年8月28日21:10


■ブロードバンドタワー一部利確 他

 本日ですが、200株(買値185円平均)保有していた5Gデータセンター銘柄のブロードバンドタワーを320円で100株売却し、利益確定しました。

 8月21日の日記では、数年放置すると書いてはいたのですが、昨日の開設で一旦出尽くしになりそうな雰囲気を感じたのと、やはり売らなきゃ利益にならないので、朝のうちに100株は売ることにしました(笑)。結局、その後、午後から急落し、14時頃にストップ安となる274円で張り付きとなり、そのまま引けました。

 残りの100株についても売却しようか迷ったのですが、前にも書いた通り、5G時代を支える重要な施設であり、この株の行く末を見たい気持ちもあったため、数年放置すること(つもり笑)にしました。

 さて、その一方で、半導体銘柄のフェローテック(買値1,549円 100株)を1,458円で損切りすることにしました。このまま持ち続けていれば、現時点でも割安状態ではあるので、買値ぐらいまでは戻るだろうと思ってはいたのですが、自動車アンテナ・5G・半導体関連のヨコオという新しい銘柄がほしくなってしまいました。

 ヨコオは今月9日の下方修正により、一気に1,900円台から1,500円以下まで落ちてきた銘柄ではあるのですが、売上高・営業利益ともに5期連続で大幅増という感じで順調に成長しています。また、その他の指標もPER11.98倍(予想)、PBR1.32、配当22円(1株)、時価総額約317億円(本日終値ベース)、株式発行総数約2100万株という感じで、値動きも比較的軽めですし、5G・EV時代にマッチした事業内容を踏まえると、今後、大きく株価を伸ばす可能性を秘めていると思っています。

 フェローテックの売上高の伸びや将来性も捨てがたいところではあったのですが、私の中ではほぼ互角の将来性だったので、時価総額が小さく、株式発行総数が少ないヨコオを見ていく選択をしました。

 なお、今後の地合いによっては、他の銘柄と入れ替えたりもすることもあるかもしれませんが、一応、長期で保有する気持ちでいます。

 あと、前回の日記で書いたエコモットですが、結局、そのまま上昇してしまい、買戻しに失敗しました(笑)。

 もちろん、新興株は地合いが悪くなると一気に売られたりもするので、焦らなくても、また落ちてくることもあるのかなと思っていますが、今回はエコモットが落ちてくるのは待たずに、昨年からずっと保有していたインフォテリアを再購入する選択をしました。

 インフォテリアはこの前950円で手放し、今回は1,067円(100株)で再購入したので、結果的に117円(100株)も高値で買い戻す結果となってはしまいましたが、エコモットの売却益が約1.1万円分あるので、今回はそれと相殺したと考え、よしとしました。

 インフォテリアは、現時点ではどう贔屓目に見ても割高で、エコモットと比べると上値も重く、上昇のスピードも遅いかもしれませんが、平野社長を含めた経営陣と将来性にBetすることにしました。

 ただ、もしかしたら、近々発表予定の5G銘柄のアルチザネットワークスの決算によっては、一旦、アルチザと入れ替える可能性(アルチザが大幅下落した場合)もあるかもしれませんが、今後発表されるかもしれないM&Aへの期待もあるので、昨年から保有し続けたように長期目線で見ていくつもりでいます。















一覧に戻る










 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2018