トップページ>>記事一覧>>
第107通 2018年8月25日14:25


■エコモット早くも売却(笑)

 昨日の話ですが、約1週間ほど前に購入したばかりのエコモットを1,039円(100株)で早くも売却しちゃいました(笑)。

 買値は924円だったので、約1.1万円ほどの利益となりましたが、売却した理由は損切り分の取り戻しと、また下で拾い直せれるかなと思ったからです。

 前に買った直後にストップ高まで上昇したと書きましたが、その後、結局、買値以下の870円台まで下落し、昨日の安値も873円という状況でした。

 そうした中、昨日のお昼頃に準天頂衛星「みちびき」に対応した高精度の3次元変位計測システムを東証一部企業である古野電気と協業し、共同開発したというなかなか良いニュースが入ってきました。

 その後、株価もストップ高の1,042円まで上昇したものの、最後まで張り付きとまではいかず、何回も剥れる状況で、前回の経験から、また下落するかもしれないという気持ちと、もしかしたらストップ高付近で売らせて誰かが集めているのかもしれないという気持ちが私の中で交差し、どうしようかかなり迷いました。

 ただ、ここのところ、この日記で書いてきたとおり、いくつかの銘柄で損切りもしていたので、ここで少しでも取り戻したいという思いと、エコモットの値動きの激しさから、また3桁に戻り、下で買い直せる可能性もあるのではと判断し、売る選択をしました。
 もし、このまま上昇していった場合は、同じ価格帯でほしい銘柄(大泉製作所、インフォテリア、フロンテオ、鈴木、アルチザなど)も多数あるので、それらのどれかを買って諦めようと思っています。ただ、買い戻したい筆頭の銘柄はエコモットなので、エコモットがまた下落してくることに期待をしています(笑)。

 さて、昨日はエコモット以外にもサイバネットシステムと理経も売却し、両銘柄合わせて約1,900円の利益となりました。

 サイバネットシステムはこれで4連勝となり、富士ソフト関連銘柄は10連勝(サイバーコム6連勝、サイバネットシステム4連勝)となりました。

 ちなみにサイバネットシステムを売却した理由は、前回買ったときもそうですが、買値から常に数十円下で推移しているという状況で、最終的にはプラスで利益確定は出来ているものの、買った位置が少し高かったと感じていたためでした。

 もともと時価総額も270億円近く(昨日の終値ベース)あり、PERも約26倍(予想)という感じで、決して割安ではないので、今後はしばらく買わずに様子を見ようと思っています。

 その代わりに再びJストリームを502円(100株)、2年連続株主総会に参加しているメディカルシステムネットワークを429円(100株)で購入しました。両銘柄とも今の株価から大幅に下げるということもなさそうですし、上昇する可能性のほうが高いと判断しました。

 売却した理経に関しては、サイバネットシステムを売却した資金だけでは、Jストリームとメディカルシステムネットワークの両方を買うことができなかったために売却しました。なお、残った分は口座へ送金し、最初に投資した金額(88万円)の全額回収まであと約32万円といった状況です。

 最後に185円平均で200株持っているブロードバンドタワーですが、現在300円まで上昇してきました。あさって、いよいよ世界初の5Gデータセンターが開設ということで、その日で材料出尽くしとなり、上昇も一旦、終わってしまう可能性もあるかもしれませんが、今後、5G時代を支える重要な施設なので、手放さずに保有し続けるつもりです。














一覧に戻る










 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2018