トップページ>>記事一覧>>
第97通 2018年6月3日15:15


■FRONTEOを薄利で売却

 5月31日の話ですが、5月30日に1,094円(100株)で買ったばかりのFRONTEOを1,104円(100株)で早くも売却しちゃいました(笑)。

 税金と手数料を差し引くと、数百円の利益しか得られませんでしたが、売却した理由は、地合いが回復したにも関わらず、あまり株価が伸びず、私の期待していた値動きではなかったためでした。

 長期視点でみればほっといても問題ないとは思いつつも、現時点では期待が先行しており、割高であることは確かなので、深追いはしないことにしました。

 なお、その売却した資金で先月、共に損切りしていたデータセクションとモバイルクリエイトを100株ずつ再購入しました。

 データセクションは自社株買いをするとIRを出しながら、実施をしなかった銘柄ではありますが、決算後に上昇をしていたところから地合いで大きく下げていたので、もう一度買ってみることにしました。

 モバイルクリエイトは前にも書いた通り、石井工作との共同持株会社設立(株式移転)を控えており、その辺りを見据えての再購入です。

 共に損切り分を取り戻した段階で売ってしまう可能性もありますが、時価総額も小さい銘柄なので、一応、期待をしています。



一覧に戻る










 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2018