トップページ>>記事一覧>>
第77通 2017年12月17日18:45


■仮想通貨(リップル)取引デビューへ

 突然ですが、近日中に第二の資産運用として仮想通貨を購入することに決めました!

 購入する仮想通貨は、リップル(XRP)という名前の通貨ですが、なぜ、仮想通貨を購入することにしたのかというと、おととい、200株保有しているソルクシーズがストップ高(終値1,008円)となったのがきっかけでした。


 まず、ソルクシーズがストップ高となった理由は、何かIRが出たわけではなく、最新の会社四季報にて、SBIグループが開設予定の仮想通貨取引所の開発の中心を担うというような内容が掲載されたからのようでした。

 もともとSBIグループは、リップルを発行しているリップル社に出資(60億リップル)している他、2016年5月にはSBI Ripple Asiaを共同で立ち上げるなど、リップル社とかなり深い関係にあります。
 そして、そのリップルがここ数日暴騰していることから、SBIホールディングの株価も東証1部とは思えないような上昇を続けており、その流れもあって、ソルクシーズもリップル関連銘柄の注目株として、資金が来ているといったような状況です。

 正直、ソルクシーズに関しては、株主優待と配当金の権利を取得後、100株売却する計画でいたのですが、今回のこと以外にも、世間で自動運転のニュースも多く目にするようになってきており、ソルクシーズを取り巻く状況がかわりつつあるので、どうしようか迷っています。
 
 12月26日まで200株所有していれば、配当金+お米2キロがもらえるのですが、ソルクシーズの上場来高値が1,210円なので、もう手が届きそうな状況であり、そこを超えていくようだと、株主優待の権利がもらえる月ということもあり、さらに上昇していく可能性もあります。

 もちろん、逆に株価が伸び悩むという可能性もありますが、もし、このまま上昇して行くようであれば、お米は諦めて、手堅く利益確定をするのもありなのかなと思っています。ただ、その一方で、時代の流れに乗っていける銘柄であるとも思っているので、そのまま長期保有もありなのかなという気持ちもあり、次の一手が難しい状況です(笑)。

 さて、本題のリップルについてですが、リップルは世界主要な銀行で採用されていたり、つい先日も、日本の金融機関37行とリップル社が、韓国の大手銀行2行と提携して、送金実験を行うといったニュースもあり、国内外の金融機関からも注目を集めている仮想通貨です。

 この実験のニュースにより、リップルも12月12日から13日に70パーセント上昇するなど、目が離せない状況になっています。

 その実験自体は、2018年1月31日まで行われるようですが、成功に終われば、大手の金融機関の送金システムに、本格的にブロックチェーンの技術が使われ始めるということを意味します。

 仮想通貨の代表格であるビットコインは、もうバブルみたいな感じもあり、買う気は全くないですが、一方のリップルは、1リップルが約85円(12月17日18:45時点)と安く、手軽に買うことができますし、それだけ伸びしろがあるともいえます。

 また、今はまだ、日本でリップルを買える仮想通貨取引所は限られている状況ですが、金融機関大手のSBIグループが仮想通貨取引所を開設となれば、一気に取引をする人が増える可能性もあると思っています。

 私自身は、今回、コインチェックという会社に登録を申請し、現在、本人確認待ちの状況ですが、SBIが仮想通貨取引所を開設したら、そっちに引っ越したいとも思っていますが、SBIの開設の影響力は、仮想通貨の存在を、株やFXに近いレベルにまで引き上げる可能性を秘めていると個人的には思っています。

コインチェックの本人確認待ちの画面

 数ある仮想通貨の中でも、金融機関でも採用されているという実績があるリップルは、それだけ将来性があるということを示しているともいえ、それなのに、まだビットコインほど知られておらず、しかも安いとなれば、おのずと買うタイミングは「今でしょ」しかないと思っています(笑)。

 株もそうですが、いうまでもなく、安いうちに買うが取引の基本なので、リップルも急騰しているとはいえ、まだ100円未満なので、短期的には分かりませんが、長期的には100円未満は小さな誤差になるのではと期待しています(笑)。

 ただ、仮想通貨はまだ発展段階にあり、価値が激減するリスクも当然ながらあるので、リスクを考慮し、2万円で買える分のみにする予定です。

 ちなみに、その購入資金ですが、利益確定して送金している口座からの引き出しは一切しないと決めているため、小遣サイト(ECナビ)で今年1年溜めた1万円と、楽天証券の口座に残っている1万円を使う予定で、先ほどネットで楽天銀行に資金を集結させました。

 あとは、コインチェック側で本人確認が終われば、入金と売買はすぐにできるようですが、それまでリップルが上昇しないことを祈るばかりといった状況です(笑)。

 とりあえず、100円未満で買えればよしとするつもりですが、仮想通貨の変動はあっという間のようなので、それまでドキドキな状況です。

 さて、長文になってきているので、今回の日記はこの辺でやめようと思いますが、この日記はあくまでも株の話題を中心とした株式投資編なので、今後、仮想通貨投資編という日記を新たに作ろうか迷っています。ただ、リップルは購入後に数年間、放置をするつもりでもいるので、作らなくてもいいかなという気持ちもあり、現在、一人会議中です(笑)。

 最後に、この記事をご覧になり、もし、仮想通貨の取引をちょっとやってみようかなと思った方は、コインチェックに登録後に2段認証の設定をすると、30,000Satoshi = 0.0003BTCがもらえるというキャンペーンをしているようなので、とりあえず、登録だけしてみるのもありかと思います。スマホ一つで簡単に申請はできます(笑)。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



一覧に戻る






 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2017