トップページ>>記事一覧>>
第69通 2017年10月4日15:10


■ソルクシーズ微益で撤退(笑)

 つい先日、845円(100株)で買ったと紹介したソルクシーズですが、昨日、850円(100株)で売却し、微益で撤退しました(笑)。

 売却した理由は、とにかく上値が重かったのと、もともと保有している銘柄とジャンル(フィンテック、自動運転、iotなど)が重なっていたというのもありました。

 あとは、私の性格上、このまま保有し続けた場合、12月末の株主優待(200株でコシヒカリ2キロ)の権利を得るために、もう100株買い増ししたくなるのは確実で、でも、どうせ100株買い増しするのであれば、ソルクシーズではなく、5G関連のアルチザネットワークスを買い増ししたいという思いもあり、そういった気持ちの面からも、ソルクシーズを手放したほうが優待のことは気にしなくて済むので、売却することにしました。

 ソルクシーズも前回紹介したように、なかなか面白そうな銘柄ですし、かなり迷いましたが、ほんのちょこっと利益も出たので、今回はこれで良しとします(笑)

 ちなみに、その売却した資金ですが、さっそく本日の前場にそのアルチザネットワークスを855円で100株買い増ししました。

 やはり5Gの技術は、前にも紹介した日経新聞の5GのPRサイト(http://ps.nikkei.co.jp/docomo5g/ ※提供はNTTドコモ)で見ても分かるとおり、生活に大きな変化をもたらす産業革命だと思えてならないですし、それと同時に私の資産も大きく増大させるチャンスであるとも思っているので、買い増ししちゃいました(笑)。
 これで保有している5G銘柄は、アルチザ200株、サイバーコム100株、PALTEK100株となりましたが、とりあえずはこのトータル400株で様子をみていこうと思っています。

 さて、話が変わって、私が保有している他の銘柄の近況ですが、昨年12月に708円(100株)で購入しているクリークアンドリバーが先日、上方修正したにもかかわらず、約1400円から大幅に下落し、現在、1170円台で推移しています。長期保有なので放置状態ではありますが、好決算でも材料出尽くしで下げることは多々あるとはいえ、この大幅下落は改めて株の難しさを感じさせる瞬間でもありました。

 あと、毎年参加しているアドバンスト・メディアですが、本日の日経新聞で2020年3月期の連結営業利益が、音声をリアルタイムに文字化するシステムがコールセンターや医療機関向けに伸びることと、システム開発の費用が来期以降、軽減する見通しから、今期予想の33倍となる10億円を計画しているという内容が記事となり、珍しくストップ高の1015円のまま、終えました。

 新聞ネタなので、早い段階で値を戻すかなとも思っていただけに、このストップ高は以外でしたが、ここは100株保有+副業のコラボで応援していくつもりなので、このまま放置する予定です。

 その他の銘柄は、インフォテリアは相変わらず1300台をウロウロし、下に突き落とされたPALTEKも徐々に値を戻しつつあるものの、850円〜900円の間をウロウロしているといった感じです。

 基本的にはどれも長期なので、長い目で見ていこうと思っています。





一覧に戻る













 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2017