トップページ>>記事一覧>>



第57通 2017年6月26日01:35


■メディカルシステムネットワークの株主総会

 6月23日の話ですが、私の地元である北海道(札幌)で開催されたメディカルシステムネットワークの株主総会に参加してきました。

 これまで私が株主総会に参加してきた会社は、開催場所が本州ばかりだったので、地元で開かれる株主総会に参加するということ自体が新鮮で、ちょっと不思議な感じがしました。

 ちなみにメディカルシステムネットワークの株主総会は、お土産と懇親会が豪華だとネットで情報を得ていたので、それらに期待をしていたですが、お土産に関していえば、色々もらったものの、お菓子類は1箱しかなく、少し物足りなかったというのが正直なところでした(笑)。

 一方の懇親会は、軽食が出ると案内に書いてはあったのですが、普通の食事といった感じで、寿司やさしみをはじめとする様々な食べ物が用意されており、こちらは期待通りでした(笑)。

 とりあえず、メディカルネットワークは4月の北朝鮮リスクの時でも買値まで下がらず、手堅い銘柄としての役割を果たしてくれているので、今後も保有し続けるつもりでおり、来年の株主総会にも参加しようかなと思っています。

 さて、話が変わりますが、先日、新日本科学を売却した資金で新たにモバイルクリエイトという銘柄を100株(416円)購入しました。モバイルクリエイトは、「携帯通信のインフラを活用した移動体通信網(MVNO事業)及びGPSを活用した移動体管理システムの開発・販売・運用・保守 ※モバイルクリエイトの公式サイトの事業内容を抜粋」を行っている会社で、今年の夏には、将来的にトレンドになりそうなタクシーの配車アプリも投入する予定でいます。

 PERは、6月23日の終値ベースでみれば、51.09と割高ではありますが、時価総額も97億ほどですし、IOTやドローン関連銘柄でもあるので、ちょっと面白そうだなと思っています。

 ちなみに、これまでは楽天証券で一本化して取引をしていたのですが、モバイルクリエイトに関しては、久しぶりに松井証券の口座を復活させて買いました。松井証券で取引した理由は、一日の取引が10万円未満の場合、特定口座でも手数料が無料(楽天証券は税込み150円)なので、手数料がかからないようにしたかったというのもありますが、初心に帰ったつもりで「42,000円から始める株取引」というコーナーを作りたかったというのもありました。

 まだ具体的にこの日記とは別に作るか、この日記のプチコーナーとして作るかなどは未定ですが、なぜ、いまさらそういうコーナーを作りたい気持ちになったのかというと、私自身、株を始めてから4年の時を経て、ようやく成長しつつあり、昨年の12月以降に買った銘柄は、ほとんどがプラスという状況であることから、もっと積極的に利益確定しながら、資産を着実に増やしていきたいという思いが生まれ始めました。

 ただ、現在、楽天証券側で保有している銘柄は、ほとんどが長期で保有しておきたい銘柄ばかりで、積極的に売買が出来ない状況です。

 前回の日記で、購入して放置の投資スタイルから、細かく利益確定する投資スタイルに変わりつつあると書いたものの、業績が伴っている銘柄に関しては、簡単に決断して売買することが難しく、実際にサイバーコムも買った直後から最大で140円ほど上昇したにも関わらず、売ることができませんでした。

 そういった状況から、松井証券の口座は資産を増やすことに特化した口座にして、思うがままに売買していこうと考えました。モバイルクリエイトも長期で持ちたい銘柄ではありますが、上昇したら次の銘柄に乗り換える階段方式で、いつかは楽天証券側の評価額合計(約83万円 6月23日終値時点)を超えられるように頑張って売買していこうと決意を固めています(笑)。

 長くなってきたので、この辺でやめますが、6月28日〜29日には、今回で4年連続での参加となる音声認識のアドバンストメディアや既に売却済みの三菱UFJリースなどの株主総会巡りをする予定です。

メディカルシステムネットワークの総会が開催されたパークホテル

会場の案内

メディカルシステムネットワークのお土産

中身はこんな感じです


一覧に戻る







 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2017