トップページ>>記事一覧>>




第54通 2017年6月5日22:15


■インフォテリア再購入

 5月31日に1135円(100株)で売却したインフォテリアですが、本日、1050円(100株)で再購入しました。

 本当は、3桁で買い直しをしたく、昨日の夜から990円を指値に設定していたのですが、仕事の昼休み中に我慢できずに1050円に設定をし直し、終業後にチェックしたところ、買えていました。

 なお、本日の終値のチャートだけ見ると、もう1本、大陰線が来て、3桁に突入してもおかしくはない状況ではありますが、こればかりは結果論でしかないですし、相場が見れない状況の中では、ベストな選択をしたと思っているので、買えてしまっていたことに後悔はありません(笑)。

 今回得た8500円については、この後、利益確定分として貯蓄用の口座に送金する予定ですが、前にも書いた通り、着実に資産を増やすのであれば、インフォテリアを買い戻さず、新たに700円前後の銘柄を買うほうがよかったのかもしれません。
 ただ、インフォテリアは、今の自分の持ち株の中で、一番といえるほど将来性を感じる銘柄なので、買い戻さないという選択肢はやはり、ありませんでした。
 それに、もともと706円(100株)で買っている銘柄ですし、最悪、この後、大幅に下がっても、今回、8500円分を利益確定できたことにより、損益分岐点が実質621円(100株)まで下げることができているので、気持ち的にはかなり余裕があります(笑)。

 ちなみに前回1135円で売った直後は、1300円近くまで上昇し、もしかして大相場が来てしまうのかと、気持ちがそわそわし、今月下旬の旅行の計画すら立てられないほど、インフォテリアのことで頭がいっぱいになっていましたが、再びインフォテリアの株を手にすることができ、ホッとしています。銘柄に惚れるなという株の格言はありますが、数年後の株価に大いに期待しながら、保有していこうと思っています^-^

 さて、その一方で、先週の金曜日(6月2日)の話ですが、ついにタカラレーベンを522円(100株)で売却し、オリックスグループのユビテックという会社を507円(100株)で購入しました。タカラレーベンは、493円(100株)で買っていた銘柄だったので、2900円の売却益となりましたが、もともと三菱UFJリースで3000円(配当金も含めて計算)の損失があったので、それを取り戻しただけという感じで、当然ながら、売却益を得たという気持ちは一切ないです(笑)。

 今回新しく買ったユビテックについて、もう少し紹介すると、カーリース用車載機器とATMの紙幣鑑別センサーが柱の会社です。また、最近ではIOT製品にも力を入れており、今年の3月発売の会社四季報には、工事監視のIOT製品に注文が殺到しているという記載もあります。業績自体は、直近3期連続で最終損益が赤字ではあるものの、オリックスが大株主なので、安心感もあります。

 また、ユビテックの会社へHPのニュースリリースのタブにある最新の年が2015年で止まっていたため、見た目の印象が良くない旨の意見をメールでしたところ、1時間以内にそれに対する返答があったのも、好感が持てました。

 ただ、1年前の今頃の株価は200円台だったようですし、ここ最近も400円台で推移している銘柄なので、正直なところ、507円のインはどうなのかなという気持ちもありますが、IOTの時代の流れには乗っていけそうな銘柄なので、一応、長期目線で見ていこうかなと思っています。


インフォテリアのチャート




一覧に戻る







 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2017