トップページ>>記事一覧>>




第43通 2016年12月30日21:00


■2016年の取引最終日(大納会)

 東京証券取引所では、本日、一年間を締めくくる大納会が行われ、前日比30円安の1万9114円で引け、年間では80円高となりました。

 私の持ち株については、イギリスのEU離脱ショック以降、含み損10万円以内では推移していたものの、なかなか、その差を埋めることができませんでした。

 ただ、今年の夏から、応援する意味も込めて、持ち株のAMIの副業をはじめ、その分で穴埋めをし、それらも含めて、プラス3万円で終えました。本当は株の利益で含み損を埋められればよかったのですが、AMIの含み損が大半を占めていたので、その会社で働いて埋めることにしました(笑)。もともと株を始めなければAMIのことも知らず、得ることもなかった収益なので、今後もAMIの副業分は、株の利益同様に日々の生活へは一切回さず、株の資金&将来への貯蓄とするつもりです。

 さて、おとといの話ですが、2017年のNISA枠が復活したのに伴い、12月初旬に特定口座で買っていた空港施設、クロスキャット、クリークアンドリバーをNISAで買いなおし、AMIの副業分で新たにメディカルシステムネットワーク(428円)、アルデプロ(167円)、みずほファイナンシャルグループ(216円)をそれぞれ100株ずつ買いました。

 空港施設とクロスキャットは前回の日記で紹介しましたが、クリークアンドリバーは、テレビ番組制作やクリエイティブ業界専門の人材派遣、医師の派遣・紹介を手がける会社です。また、今年の夏には、ケーブルレス一体型VRデバイスを手掛ける中国・アイデアレンズ社の筆頭株主である王氏と共同で株式会社VR Japanを設立し、12月27日からはTSUTAYA 馬事公苑店にて、「IDEALENS(アイデアレンズ) K2」の試験的なレンタルもスタートしました。

 こういった状況から、私が買った708円から右肩上がりで株価が上昇しており、本日も一時、年初来高値に並ぶなど、好調に推移し、最終的には840円で今年を締めくくりました。

 これまでVRに関しては、3Dテレビと同じように話題だけで終わるのではという思いもあり、あまり注目していませんでしたが、12月初旬にVRを体験する機会があり、そのリアルさに衝撃を受け、すぐにVR銘柄を調査して、クリークアンドリバーを選択しました。

 数ある中からクリークアンドリバーを選択した理由は、VRに関係なく、好調な業績だったので、これにVRが加われば、なかなか面白いことになるのではないかと思ったからでした。また、私個人の思惑ではありますが、番組制作を手がけているということから、ハードだけでなく、コンテンツを制作するという観点からも期待できそうだったので、この銘柄に決めました。今後、株価がどうなるかは分かりませんが、かなりのポテンシャルは秘めていると思っているので、しばらくは保有し続けようと思っています。

 その他、新たに買ったメディカルシステムネットワークは、調剤薬局の運営や医療インフラ構築などを行う会社で、私が以前から注目していた在宅・遠隔医療関連の銘柄の一つとして選択しましたが、この会社の株を買った最大の理由は、私の地元である北海道の企業だからでした。

 以前から、北海道で開かれる株主総会にも参加しつつ、北海道の企業を応援したいという思いだけはあったのですが、本腰を入れての銘柄チェックはしていませんでした。ただ、AMIの副業で、運用資金に余裕が出来たので、調査をはじめ、この銘柄にたどり着きました。

 業績は、2017年3月期は増収減益となるようですが、今の株価はそれをかなり織り込んでいると思っていますし、札幌市の要請で、保育所と薬局を備えた高齢者住宅5棟目を2018年11月に開設するというニュースもあるので、今後、高齢化社会が加速するにつれて、時代の流れに乗れる銘柄の一つになるのではと思っています。

 アルデプロとみずほファイナンシャルグループは、以前にも保有していたことがある銘柄ですが、アルデプロは私自身、初めてテンバーガー(買値から10倍)を経験した銘柄でもあります。

 アルデプロは今年、一旦、手放したものの、相変わらず売上げの伸びが半端なく、会社四季報の2017年7月期の配当予想も5円〜10円となっており、これで100円台の株価は安すぎると思い、再購入しました。

 みずほフィナンシャルグループは、2013年以来なので、約3年ぶりとなりますが、正直、20〜30円下落してもいいくらいの気持ちで買いました。ここを買った理由は、三菱UFJを手放して以降、やはり金融株が一つぐらい欲しいなぁという思いと、配当利回りが3パーセントを超えていて、かつ手軽な株価だったからでした。そういったことから、みずほに関しては、上がっても下がっても、あまり気にせずに保有し続ける予定です。

 今回、いくつか銘柄を追加購入したことにより、過去最多の14銘柄の保有となりましたが、音声認識、人工知能、iPS・再生医療、がん・免疫治療、在宅・遠隔治療、フィンテック、5G、VR・AR、東京五輪など、幅広く対応かつ楽しめる銘柄を選んでいるつもりなので、2017年も欧州選挙なども含めて波乱もあると思いますが、今年同様に楽しみながら、資産運用をしていきたいと思っています♪


※保有銘柄一覧(クリックすると別ウィンドウで拡大表示します)



一覧に戻る









 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2016