トップページ>>記事一覧>>




第39通 2016年10月29日18:10


■2016年ファーマフーズの定時株主総会

 10月26日の話ですが、京都で開催されたファーマフーズの第19期定時株主総会に参加してきました。

 昨年の株主総会の時にはお土産が出ませんでしたが、今回は2期ぶりに復活となり、タマゴサミン(サプリ)やGABA配合のチョコレートなどを頂きました。ただ、その一方で昨年、一昨年の時に出されていたサンドイッチがなくなってしまいました。

 昨年の株主総会で、「あと1期待ってほしい」「株は持っていてください」という話もあり、私もこの一年間、期待して保有し続けてきましたが、結局、株価に関しては、昨年の今頃よりも40円近く安い440円前後で推移している状況となっています
 
 ちなみに、株価が伸びなかった原因の一つに、前期に目標としていた抗FSTL1抗体(次世代免疫チェックポイント阻害剤)の導出契約締結が達成できなかったことにありますが、このことについて、今回の株主総会でも説明があり、今期中に導出契約を目指してはいるものの、製薬会社との交渉の中で、なかなか条件が折り合わないのが現状のようでした。

 抗FSTL1抗体は、前臨床段階ではありますが、現在、薬価の緊急値下げで話題にもなっている小野薬品の抗がん剤(抗PD-1抗体)「オプジーボ」を超える結果が出ていることもあることから、ファーマフーズ側も「価値の安売りはしない」「譲れないものは譲れない」という姿勢でいるというような話だったため、まだ、時間はかかるのかなと思っています。

 ただ、機能性素材事業や通信販売事業の売上げの伸びは相変わらず凄いので、これだけでもかなり期待ができる状況となっており、主力製品のタマゴサミンだけでも3年後には100億円の売上げを目標(今期は31億円を予想)にしているといったような話もありました。

 そういったことから、今後、しばらくは機能性素材事業と通信販売事業の成長性に期待し、創薬事業に関しては、おまけ位の感じで保有していこうかなと考えていますが、もし、創薬も期待通りに加わる状況までなれば、将来的には、なかなかの株価まで行くのではないかと思っています。


株主総会会場の案内(2016.10.29撮影)

お土産(2016.10.29撮影)








一覧に戻る









 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2016