トップページ>>記事一覧>>




第36通 2016年9月22日00:10


■2016年トムソン・ロイター引用栄誉賞発表

 日付けが変わったので、昨日の話になりますが、ノーベル賞の前哨戦ともいわれるトムソン・ロイター引用栄誉賞が発表され、日本からは医学・生理学分野で、「プログラム細胞死1(PD-1)およびその経路の解明により、がん免疫療法の発展に貢献」をテーマにした本庶佑氏が、化学分野では「がん治療における高分子薬物の血管透過性・滞留性亢進(EPR)効果の発見」をテーマにした前田浩氏と松村保広氏の計3名が受賞しました。

 昨年は、ノーベル賞に期待してコスモバイオの株を保有していましたが、今年はリプロセル、シンバイオ製薬、ファーマフーズ、メディネットなど医療・バイオ関連の銘柄をいくつか保有していることや、現在保有している銘柄でしばらく様子をみたいということもあり、コスモバイオは買いませんでした(ちなみにコスモバイオは昨年以上に上昇中^^:;;)。

 そういったこともあり、今回はノーベル賞相場に期待はせず、もし、免疫関連で受賞した場合に直接関係があるかは分かりませんが、免疫細胞治療を手がけるメディネットあたりが関連してくれればいいかな位の感じでいたのですが、今回のトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞した前田浩氏は、現在保有しているシンバイオ製薬のシニアアドバイザーを務めている人物ということもあり、一気にノーベル賞関連銘柄の一つとなりました(笑)

 実際に受賞した場合に、どれだけの影響があるかは分かりませんが、PTS(夜間取引)でも、出来高を伴って上昇し、取引を終えています。

 ノーベル賞の発表は、10月3日より順次、発表予定のため、まだ少し時間はありますが、あまり期待はせずに見守っていこうと思っています。





一覧に戻る









 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2016