トップページ>>記事一覧>>時代の流れに乗ってみた日記(株式投資編) 第34通 1ドル102円台の円高時代がやってきた!



第34通 2016年7月2日19:10


■1ドル102円台の円高時代がやってきた!

 つ、ついに1ドル102円台(102.569 ※7月2日現在)の円高時代がやってきました!(笑)。本当は6月25日に1ドル=102.246円になった時点で、この内容をアップする予定でいたのですが、韓国へ旅行中で、旅先からアップを試みたものの、何故かできなかったため、本日アップすることになりました。

 しかし、東洋経済のこの記事(http://toyokeizai.net/articles/-/96651)、イギリスのEU離脱問題は含まれていなかったですが、それを抜きにしてもお見事でした。

 半年前から円安になるのか円高になるのか、新聞各社、各経済誌、エコノミストの間でも見解は分かれていましたが、私はこの日記で何度も取り上げてきた通り、この記事に一番の信憑性を感じていました。

 その理由は歴史は繰り返すではないですが、過去の歴史がどうだったのかということを取り上げ、こういう理由だから円高になるということをきちんと書かれており、すごく納得できる記事だったからです。特に円安が織り込んでいく過程の部分は大変勉強になりましたし、今後、マーケットの動向を見ていく際に参考にしていきたいと思っています。

 ちなみに円とウォンのレートですが、6月18日に韓国へ到着した際には1円=11.22Wで約3年ぶりの円高ウォン安状態だったので、次回の旅行を見据えて71000円を両替しました。国民投票後にはさらに円高が進んでいましたが、7月2日現在はだいぶ落ち着きを取り戻しており、私が両替した時よりも円安ウォン高の状況になっています。

 株価に関しても国民投票後には含み損が−19万円まで膨らみましたが、現在は−9万円ほどまで縮小しており、−20万円から−25万円の含み損が当たり前だった2年前から比べれば、随分と改善されているので、今後の巻き返しに期待しています。




一覧に戻る






 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2016