トップページ>>記事一覧>>時代の流れに乗ってみた日記(株式投資編) 第31通 期待の2銘柄が業績修正を発表




第31通 2016年5月4日10:10


■期待の2銘柄が業績修正を発表

 5月2日の話ですが、私が200株保有している期待のアドバンスト・メディアとリプロセルの2社が共に、平成28年3月期通期の業績修正のお知らせを発表しました。

 その業績修正の内容ですが、共になんと下方修正でした(笑)。アドバンスト・メディアは、もともと当期純利益-1億5000万の赤字で着地予定だったのが、-1億7500円に修正され、リプロセルに至っては、もともと当期純利益-4億9500万円の赤字で着地予定だったのが、な、なんと-19億6000万円という大幅赤字拡大への修正でした(笑)。

 正直、リプロセルの大幅下方修正は、笑うしかありません(笑)。株価に関しては、私の買値が430円平均なのに対し、現在は571円なので、仮に6日の市場でストップ安の471円になっても、一応、含み益はありますが、その後も下げる可能性はあるので、買値を下回ることも想定はしています(笑)。

 修正の理由は、アメリカでの売上げが予定よりも4億円届かなかったこと、2014年に買収したStemgent社の業績が当初策定の計画を下回って推移しているため、減損損失として8億900万円を計上したこと、また、為替差損として1億9100万円を営業外費用として計上したためとなっています。

 為替差損は仕方ないにしても、期待していた売上げがあまり伸びていなかったという点が残念ではあります。ただ、今回の業績修正は今期ではなく、既に終わった前期の話なので、重要なのは当然ながら、今期以降のこれからです。4月に入ってからは島津製作所の中国子会社と中国における販売業務提携を開始というIRや、慶應義塾大学、順天堂大学との共同事業である「iPS細胞由来神経細胞を用いた創薬支援のためのアプリケーション開発」が横浜プロジェクトに採択されるといった、明るいニュースもあるので、今期の予想が発表されるであろう5月13日の決算発表に期待しています。

 今回、大幅に下方修正とはなってしまいましたが、私自身、iPS事業への期待は全く揺らいでおらず、ネットが登場した時と同じぐらいの産業革命であると思っているので、iPS治療が当たり前の時代になるにつれ、iPSビジネスの大本命ともいわれるリプロセルも、必ず、花が開くであろうと思っています。もともと5〜10年ぐらい保有するつもりではいたので、株価が下がっても塩漬けするつもりでいます。

 さて、話(銘柄)が変わりますが、以前、この日記で遠隔医療とドローンへの期待で購入したと書いたイメージワンですが、5月2日に買値から+3円の薄利で売却しました。買値から+100円を超えていた時期もあったのですが、3月中旬から他の遠隔医療関連株(MRTなど)がどんどん株価を伸ばしていたにもかかわず、イメージワンはあまり反応していませんでした。また、ドローンに関しても、以前ほどドローン関連のニュースに反応しなくなった感じもしてきたので、決算発表の前に逃げることにしました(笑)。

 時価総額の安さや発行株式総数の少なさは魅力であったのですが、相場も不安定ですし、少しでもプラスのうちにと思い、売却しました。

 そして、その代わりに購入したのが、1年近く前から監視していたアクモスという会社の株で、ここはドローンを活用した災害防止監視システムを開発しており、「がけ崩れ危険個所監視システムの試作開発」が国の政策に基づく助成金に採択もされています。ドローン以外にも、医療システムの開発、マイナンバー管理クラウドサービス、ストレスチェック運用サポートサービスを手がけるなど、国策関連の材料が豊富にあります。4月28日の決算の数字も良く、無事通過をしたので、購入してみることにしました。

 あと、218円で購入し、494円で売却していたシンバイオ製薬ですが、344円で再購入しました。結果的に150円分の差益を得る事ができましたが、今回、差益分は口座に送金はせず、95円で保有していたジェクシードを売却し、それにその150円を加えた分で、ドローン・5G・防災・テロ対策関連の理経を100株買い増ししました。サミットを見据えての買い増しではあるものの、上昇するかは不明です。ただ、もし、短期的に上昇するようなことがあった場合には、その買い増し分は売却する予定でいます。

 最後に為替についてですが、円高が相変わらず止まりません。今は1ドル=106円台ですが、一時1ドル=105円まで進行していました。来月に韓国へ行くので、円高は歓迎ですが、この日記で何度も紹介してきた東洋経済オンラインの「1ドル102円台の円高時代がやって来る?(http://toyokeizai.net/articles/-/96651)」」も、もう目前まで迫ってきています。

 1ドル102円台をつけたとき、またこの日記でこの記事に触れることになるだろうと思っていますが、今後の推移にはかなり注目しています。






一覧に戻る









 Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2016