台湾のベニスと称される港町「淡水」
 JPN-WORLD.COM>>台湾>>淡水>>環河道路

  
見る>>
夕陽が楽しめる遊歩道「環河道路」

  ■インフォメーション

 ・現地表記 環河道路(淡水金色水岸) 環河道路
 ・オススメ度 ★★★★★
 ・観光所要時間 60分
 ・住所 新北市淡水区環河道路
 ・最寄駅 MRT淡水線「淡水」駅よりすぐ
 ・営業時間 24時間
 ・入場料 無料
 ・公式HP  -----
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/th2G6rWFd5J2
※住所、営業時間については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【夕陽が楽しめる遊歩道】
MRT淡水駅すぐのところにある環河道路(別名:淡水金色水岸)は、淡水河沿いに続く遊歩道です。この遊歩道からは「台湾のベニス」といわれる由縁でもある夕陽を楽しむことができることから、観光客のみならず、地元の人にも人気のスポットになっています。

道脇もそれをさらに後押しするかのようにカフェ、雑貨店、屋台などが立ち並び、時には路上芸人なども見られます。また、対岸の「八里」、「漁人ふ頭」行きの船着場もここにあり、遊覧船に乗りながら、夕陽を楽しむこともできます。


  ■動画


【この動画のインフォメーション】
[内容]淡水MRT駅近くにある環河道路(河岸)から見える風景をお送りしています
[撮影日]2006年6月11日 17:55開始
[場所]淡水(台湾)・環河道路
[収録時間]2分35秒



  ■フォトギャラリー

環河道路と風景 その1

環河道路の風景
環河道路の風景です(2006年6月撮影)

休日で賑わう環河道路
休日だったこともあり、多くの人で賑わっています(2006年6月撮影)

環河道路から見える淡水河の風景
環河道路から見える淡水河の風景です(2006年6月撮影)

台北市方面の風景
台北市方面の風景です(2006年6月撮影)

アップにして撮影した対岸の「八里」
対岸の「八里」をアップにして撮影した写真です(2006年6月撮影)

18時頃に撮影した太陽
18時頃に撮影した太陽です(2006年6月撮影)

環河道路と風景 その2

砂場で遊ぶ人々の風景
砂場で遊ぶ人々の風景です(2006年6月撮影)

環河道路から見える淡水老街の建物
環河道路から見える淡水老街の建物です(2006年6月撮影)

環河道路にあるセブンイレブンとスターバックス
環河道路にあるセブンイレブンとスタバです(2006年6月撮影)

淡水の夕陽
少し明るい上に曇っていますが、一応、夕陽ということにしておきます(2006年6月撮影)

対岸の「八里」の風景
対岸の「八里」の風景です(2006年6月撮影)

左岸公園にある不明な巨大像
対岸の左岸公園にある像が、詳細は不明です(2006年6月撮影)



[記事更新日]2016年3月11日

※2006年6月に訪れた時の体験を基に作成しています。

・ページの表示を高速化させるため、2010年5月8日から公開していたグーグル地図を埋め込みタイプから短縮URLへのリンクに変更した他、住所、紹介文の一部も最新の情報に更新しました(2016.3.11)













JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2010-2016