南国ムードあふれる台湾第二の都市「高雄」
 JPN-WORLD.COM>>台湾>>高雄>>打狗英国領事館官邸

   見る>>
1865年に建てられた台湾初の領事館「打狗英国領事館官邸」

  ■インフォメーション

 ・現地表記 打狗英國領事館官邸 打狗英国領事館官邸(前清打狗英国領事館、打狗英国領事館文化園区)
 ・オススメ度 ★★★★
 ・観光所要時間 60分
 ・住所 高雄市鼓山区蓮海路20号
 ・最寄駅 MRT橘線「西子湾」駅より徒歩15分前後
 ・営業時間 9:00~21:00(入場は20:30まで)
※休館日:第3月曜日
 ・入場料 99元
 ・公式HP(英・中) http://britishconsulate.khcc.gov.tw
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/f3vTZbuL7p12
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【1865年に建てられた台湾初の領事館】
国立中山大学近くに位置する打狗英国領事館官邸(前清打狗英国領事館、打狗英国領事館文化園区とも表記される)は、1865年にイギリス人によって建てられた台湾初の領事館で、台湾に現存する最古の洋館ともいわれています。

主な見どころは、「丘の下にある領事館」と「丘の上にある領事官邸」で、領事館側では当時の様子を再現した模型なども展示されています。一方、赤いレンガ造りが特徴の領事官邸側も、内部が展示室になっている他、喫茶店やお土産ショップなども兼ね備えており、楽しめるようになっています。

また、この丘の上から見る景色も見どころの一つで、西子湾や高雄市内を一望することができ、日中のみならず、夜景を楽しめるスポットとして観光客にも人気があります。この他にも周辺には犬の神様が祀られている「十八王公廟」などもあるので、時間がある方は合わせて観覧することをオススメします。

  ■フォトギャラリー

入場券売場、領事館(丘の下)とその周辺

打狗英国領事館官邸(前清打狗英国領事館、打狗英国領事館文化園区)の入場券売場
入場券売場です(2016年1月撮影)

打狗英国領事館官邸(前清打狗英国領事館、打狗英国領事館文化園区)の入場券の料金案内
入場券の料金案内です(2016年1月撮影)

領事館の外観
領事館の外観です(2016年1月撮影)

当時の様子を表している模型
当時の様子を表している模型です(2016年1月撮影)

領事館内の風景
領事館内の風景です(2016年1月撮影)

当時の医療現場を再現した模型
当時の医療現場を再現した模型です(2016年1月撮影)

打狗英国領事館官邸(前清打狗英国領事館、打狗英国領事館文化園区)の案内図
一部が陰になって見づらいですが、打狗英国領事館官邸の案内図です(2016年1月撮影)

領事官邸につながる丘
奥に見える丘をあがると領事官邸があります(2016年1月撮影)

領事官邸(丘の上)とその周辺

領事官邸の外観
領事官邸の外観です(2016年1月撮影)

領事官邸の外観
晴れると青空とレンガがマッチして綺麗です(2016年1月撮影)

領事官邸の入口
領事官邸の入口です(2016年1月撮影)

領事官邸内の風景
領事官邸内の風景です(2016年1月撮影)

領事官邸の風景
色々と展示されています(2016年1月撮影)

打狗英国領事館官邸の絵の一部
打狗英国領事館官邸の絵の一部です(2016年1月撮影)

領事官邸周辺にあるポスト
領事官邸周辺にあるポストです(2016年1月撮影)

領事官邸周辺の風景
領事官邸周辺の風景です(2016年1月撮影)

領事官邸近くにある十八王公廟
領事官邸近くにある十八王公廟です(2016年1月撮影)

領事官邸から見える西子湾
領事官邸から見える西子湾です(2016年1月撮影)

領事官邸から見える高雄85ビル
領事官邸から見える高雄85ビルです(2016年1月撮影)



[記事作成日]2016年3月23日

※2016年1月に訪れた時の体験を基に作成しています。






るるぶ台湾(’16)ちいサイズ

るるぶ台湾(’16)ちいサイズ
価格:1,080円(税込、送料込)










JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2016