アジア有数の近代的な国際観光都市「シンガポール」
 JPN-WORLD.COM>>シンガポール>>千燈寺院

   見る>>
シンガポール最大の仏像がある仏教寺院『千燈寺院』

  ■インフォメーション

 ・英称 Sakya Muni Buddha Gaya Temple 千燈寺院
 ・オススメ度 寺院好きの方なら★★★★★
 ・観光所要時間 30分
 ・住所 366 Race Course Road, Singapore 2186380
 ・最寄駅 MRT「ファラーパーク(Farrer Park)」駅より徒歩約5分
 ・営業時間 8:00~16:45
 ・入場料 無料
 ・公式HP 見当たらず
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/6UVU5eE5CCD2
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【シンガポール最大の仏像がある仏教寺院】
リトルインディア近辺に位置する千燈寺院は、1927年にタイの僧侶であるブティーサーサラによって建てられた仏教寺院です。正式名所はシャカムニ・ブッダガーヤ寺院(釈迦牟尼善提迦耶寺)で、タイ仏教とシンガポールの中国仏教を融合した寺院としても知られています。

寺院内にはシンガポール最大の仏像(高さ約15メートル、重さ約300トン)があります。また、仏像の周囲には1080個の法灯があり、そこから千燈寺院と呼ばれるようになったといわれています。

私が2013年2月に訪れた際には、あいにく救急車が止まっており、中に入れる雰囲気ではなかった為、大仏の写真を撮影する事ができませんでしたが、次回、行った際には撮影して載せたいと思います。

なお、千燈寺院の横には同じく仏教寺院である「恆佛寺」、さらに斜め向かいには1917年に建てられた道教寺院「龍山寺」もあり、寺院好きの方には必見のエリアになっています。

  ■フォトギャラリー
千燈寺院の外観
千燈寺院の外観です(2013年2月撮影)

千燈寺院の壁
壁にはトラ等が描かれています(2013年2月撮影)


[記事更新日]2016年2月26日

※2013年2月に訪れた時の体験を基に作成しています。

・ページの表示を高速化させるため、2014年3月3日から公開していたグーグル地図を埋め込みタイプから短縮URLへのリンクに変更しました(2016.2.26)

















JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2014-2016