アジア有数の近代的な国際観光都市「シンガポール」
 JPN-WORLD.COM>>シンガポール>>ケーブル・カーでセントーサ島へ行こう!

   見る>>
ケーブル・カーでセントーサ島へ行こう!

  ■インフォメーション

 ・英称 Cable Car ケーブルカーからの景色
 ・オススメ度 景色が良いので★★★★★
 ・観光所要時間 ・マウント・フェーバー~セントーサ島は12分
・ハーバーフロント~セントーサ島は5分
 ・住所(乗り場) ・マウント・フェーバー:109 Mount Faber
・ハーバーフロント:3 HarbourFront Place
・セントーサ島:33 Allanbrooke Road
 ・最寄駅 ・ハーバーフロント:MRT「ハーバーフロント」駅より徒歩約10分
・セントーサ島:セントーサ・エクスプレス「インビア(Imbiah)」駅より徒歩約10分
※マウント・フェーバーは最寄駅なし
 ・営業時間 8:45~22:00(最終乗車21:30)
 ・料金 往復のみ:大人S$29、子供S$18
※セントーサ島への入場料込み
 ・公式HP ・ケーブル・カー:http://www.mountfaber.com.sg/(英)
・セントーサ島:http://www.sentosa.com.sg (英・中)
 ・Google地図 ・マウント・フェーバー:https://goo.gl/maps/fhNmqXxiSSk
・ハーバーフロント:https://goo.gl/maps/44K6qwBqME42
・セントーサ島:https://goo.gl/maps/VmRwCuLPYBR2
※住所、営業時間、料金については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【ケーブルカーでセントーサ島へ行こう!】
シンガポールの人工リゾート地・セントーサ島へ行くにはケーブル・カー、タクシー、モノレール、徒歩など様々な方法がありますが、ここでは景色も楽しめるケーブル・カーで行く方法について紹介します。ケーブル・カー以外の行き方についてはセントーサ島の公式HPに日本語で紹介されていますので、そちらを参照下さい。

[ケーブル・カーの駅について]
ケーブル・カーは、マウント・フェーバー(Mount Faber)~ハーバー・フロント(Harbour Front)~セントーサ島(Sentosa)の3つの駅を繋いでいます。ただ、始発であるマウント・フェーバーは市街地から少し離れており、交通手段もバスが廃止されたことに伴い、タクシーで行くしかない為、中間のハーバー・フロントから乗る人が多いです。

ハーバー・フロントはMRT北東線「ハーバーフロント」駅近くにあるショッピングモール「ハーバー・フロント・タワー2(HarbourFront Tower2)」にあります。モール内には「MRT→」「Cable Car↑」のような標識があるので、それに従って進むと楽に乗り場に辿り着けます。

[料金について]
往復のみ:大人S$29、子供S$18
※セントーサ島への入場料込み

料金の支払いについては、ケーブル・カー乗り場の窓口にそれぞれの料金が表になって掲載されているので、それを見て購入すると分かりやすいです。また、ケーブル・カーとアトラクションがセットになっているようなタイプも販売されています(公式HPでも確認可能)。ただ、アトラクションのチケットを単体で買う場合については、セントーサ島にも売り場があるので、セントーサ島に着いてからでもいいと思います。

[キャビンについて]
私が訪れた2006年当時は、通常のノーマルキャビン(Normal Cabin)と全面ガラスタイプのガラスキャビン(Glass Bottom Cabin)の2種類があり、ガイドブックでは全面ガラスのグラスキャビンは「高所恐怖症の人にスリリング!」というようなことが書かれていたので、実際にグラスキャビンに乗ってみたものの、スリリングという以前にガラスの透明度がいまいちでした(笑)。グラスキャビンという名前から、ピカピカなガラスを想像していた分、ちょっと期待外れでした。

また、グラスキャビンはノーマルキャビンに比べ、数が少ないので待ち時間が長くなります。さらに他にグラスキャビンを待っている人がいると相席するかしないかも聞かれたりもします。現在は料金の統一されているため、グラスキャビンがあるかは不明ですが、キャビンの種類問わず、知らない人との相席が嫌であれば「NO」と言って断りましょう。

キャビンの中では案内のアナウンスが流れ、キャビンの窓からは綺麗な景色を楽しむ事ができます。ただ、距離はそんなに長くはないので、あっという間に着いてしまいます。到着すると、ジェスチャーで「降りていいよ」という合図をされますので、それに従い下車し終了となります。

※キャビンから見える風景については、下記にハーバーフロント~セントーサ島の往復分の動画をアップしましたのでそちらを参照下さい。

[帰りについて]
帰りについてはセントーサ島のケーブル・カー乗り場に行き、券を見せてキャビンに乗り込みます。あとはハーバー・フロントもしくはマウント・フェーバーで降ります。ただ、先程も触れましたが、マウント・フェーバーは極めて交通の便がよくないので、マウント・フェーバーに用がない限りはハーバー・フロントで降りた方が無難だと思います☆

  ■動画

[タイトル]シンガポールとセントーサ島を結ぶケーブルカー ※行き編
[内容]
シンガポールとセントーサ島を結ぶケーブルカー≪ハーバー・フロント→セントーサ島編≫から見える風景をお送りしています。
[撮影日]2006年6月8日 12時台
[場所]ケーブル・カーのキャビン
[収録時間]5分27秒




[タイトル]シンガポールとセントーサ島を結ぶケーブルカー ※帰り編
[内容]
シンガポールとセントーサ島を結ぶケーブルカー≪セントーサ島→ハーバー・フロント≫から見える風景をお送りしています。
[撮影日]2006年6月8日 14時台
[場所]ケーブル・カーのキャビンより
[収録時間]6分29秒

  ■フォトギャラリー
ケーブル・カーからの景色
ケーブル・カーからの景色です(2006年6月撮影)

ケーブル・カーからの景色 その2
この日は天候が悪く雨がちらついていました(2006年6月撮影)

セントーサ島(写真左)
左の森がセントーサ島です(2006年6月撮影)

セントーサ島のケーブル・カー乗り場
セントーサ島のケーブル・カー乗り場です(2006年6月撮影)

セントーサ島から撮影したシェントンウェイのビル群
セントーサ島から撮影したシェントンウェイのビル群です(2006年6月撮影)

グラスキャビンの乗車券(上)と入場券(下)
上記の写真はレシートのように見えますが、グラスキャビンの乗車券(上)と入場券(下)で重なってセットになっているものです。スタンプが押されている部分を注意深く見ると少し破けているのが分かると思います。これはケーブル・カーに乗る際に係員が千切ったもので私が破ったのではありません。写真ではちょっと見えませんが、実は写真の一番左下の部分も少し千切られています。おそらく、破ることによって乗車したかどうか、入場したかどうかを見分けるのかと思います。今はもう変わっていると思いますが、結構、原始的だなぁと感じました(2006年6月撮影)


[記事更新日]2016年3月5日

※2006年6月に訪れた時の体験を基に作成しています。

・ページの表示を高速化させるため、2009年1月28日から公開していたグーグル地図を埋め込みタイプから短縮URLへのリンクに変更した他、紹介文、料金も最新の情報に更新しました(2016.3.5)














JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2009-2016