アジア有数の近代的な国際観光都市「シンガポール」
 JPN-WORLD.COM>>シンガポール>>スリ・マリアマン寺院

   見る>>
シンガポール最古のヒンドゥー寺院『スリ・マリアマン寺院』

  ■インフォメーション

 ・英称 Sri Mariamman Temple スリ・マリアマン寺院(Sri Mariamman Temple)
 ・オススメ度 ゴープラムは必見★★★★★
 ・観光所要時間 外側だけなら15分
 ・住所 244 South Bridge Road, Singapore 058793
 ・最寄駅 MRT「チャイナタウン(China Town)」駅より徒歩5分~10分
 ・営業時間 7:00~12:00、18:00~21:00
 ・入場料 無料
 ・公式HP 見当たらず
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/Cpr93qm92Go
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【シンガポール最古のヒンドゥー寺院】
MRTチャイナタウン駅から徒歩5~10分程の場所に位置するスリ・マリアマン寺院は、1827年に建てられたシンガポール最古のヒンドゥー寺院です。

ゴープラムと呼ばれ入り口の門には、ヒンドゥーの神々が5段に渡り、彫刻で埋め尽くされています。また、周りの塀にはヒンドゥー教にとって神聖な動物とされている牛やライオンが立っています。

私は入っていませんが、観光客でも中に入ることが可能で参拝することもできます。ただ、入る前には必ず靴を脱がなければならないらしく、また、カメラを持っていく場合は3ドル、ビデオカメラの場合は6ドルかかるといった情報もあるので、中を撮影したい方は、最新のガイドブックなどにて確認することをオススメします☆

  ■フォトギャラリー
スリ・マリアマン寺院(Sri Mariamman Temple)の外観
スリ・マリアマン寺院の外観です。少し見づらいですが、ヒンドゥー教で
神聖とされているライオンが右側の塀に立っています。(2006年4月撮影)


スリ・マリアマン寺院(Sri Mariamman Temple)の入り口
入り口です(2006年4月撮影)

ゴープラム
これが紹介のところで説明したゴープラムです。
この周辺を通りかかるだけでも独特な雰囲気を感じます(2006年4月撮影)

ゴープラムを下から撮影
下側から撮影しました(2006年4月撮影)

ゴープラムをアップで撮影
アップにして撮影したものですが、精巧に作られているのがよく分かります(2006年4月撮影)

Temple Street
塀の横側の道(Temple Street)です[2006年4月撮影]

スリ・マリアマン寺院の手前の道(South Bridge Road)
スリ・マリアマン寺院の手前の道(South Bridge Road)です[2006年4月撮影]


[記事更新日]2016年2月27日

※2006年4月に訪れた時の体験を基に作成しています。

・ページの表示を高速化させるため、グーグル地図を埋め込みタイプから短縮URLへのリンクに変更しました(2016.2.27)
・2006年から公開していた内容をリニューアルしました(2009.1.17)















JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2006-2016