アジア有数の近代的な国際観光都市「シンガポール」
 JPN-WORLD.COM>>シンガポール>>観音堂(クワン・イン寺院)

   見る>>
シンガポール最古の仏教寺院『観音堂(クワン・イン寺院)』

  ■インフォメーション

 ・英称 Kwan Im Thong Hood Cho Temple 観音堂(クワン・イン寺院)の外観
 ・オススメ度 寺院好きなら★★★★★
 ・観光所要時間 外側だけなら15分
 ・住所 178 Waterloo Street Singapore 187964
 ・最寄駅 MRT「ブギス(Bugis)」駅より徒歩約8分前後
 ・営業時間 6:00-18:15
※1日と15日は5:00-18:45
※祝日は4:00-18:45
 ・入場料 無料
 ・公式HP 見当たらず
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/vWWGfE1fH9C2
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【1884年にスタートしたシンガポール最古の仏教寺院】
MRTブギス駅から徒歩8分前後の場所に位置する観音堂(クワン・イン寺院)は、1884年にスタートしたシンガポール最古の仏教寺院です。中国系の仏教寺院ということもあり、屋根の上には中国寺院ならではの龍の彫刻も飾られています。

現在の場所に移ったのは1895年のことですが、多く訪れる参拝者に対応するため、1982年には再建が行われ、約2倍の大きさへと拡大されたそうです。

寺院内には富や幸福をもたらすとされている金色の千手観音像などが祀られており、多くの参拝者が訪れる人気の寺院の一つにもなっています。寺院内の写真撮影は禁止になっているようですが、観光客も参拝は自由にできるので、興味のある方にはオススメです。

  ■フォトギャラリー
観音堂(クワン・イン寺院)の外観
観音堂(クワン・イン寺院)の外観です(2013年2月撮影)

観音堂と書かれた文字
観音堂と書かれています(2013年2月撮影)

提灯
周辺には提灯も飾られています(2013年2月撮影)

観音堂(クワン・イン寺院)の正面左側部分
観音堂の正面左側部分です(2013年2月撮影)

観音堂(クワン・イン寺院)の案内板
観音堂の案内板です(2013年2月撮影)


[記事更新日]2016年2月24日

※2013年2月に訪れた時の体験を基に作成しています。

・ページの表示を高速化させるため、2014年5月18日から公開していたグーグル地図を埋め込みタイプから短縮URLへのリンクに変更しました(2016.2.24)














JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2014-2016