マレー半島最南端の都市「ジョホール・バル」
 JPN-WORLD.COM>>シンガポール>>ジョホール・バル>>スルタン・イブラヒム・ビルディング

   見る>>
小高い丘の上に建つ州庁舎『スルタン・イブラヒム・ビルディング』

  ■インフォメーション

 ・英称 Sultan Ibrahim Building スルタン・イブラヒム・ビルディング(Sultan Ibrahim Building)の外観
 ・オススメ度 ★★★☆
 ・観光所要時間 外側だけなら15分~30分
 ・住所 Jalan Bukit Timbalan,Johor Bahru
 ・最寄駅 マレー鉄道「ジョホール・バル」駅より徒歩15分前後
 ・営業時間 不明
 ・入場料 不明
 ・公式HP 見当たらず
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/haHH3yCiPCU2
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【小高い丘の上に建つ州庁舎】
マレー鉄道「JBセントラル」駅から徒歩15分前後の小高い丘の上に建つスルタン・イブラヒム・ビルディングは、1939年に建築された歴史のある建物です。

日本のマレー占領時代には日本軍の司令部が置かれていましたが、現在は州庁舎として使われています。内部の見学ついては可能ではあるようですが、事前の承認が必要みたいです。

  ■フォトギャラリー
スルタン・イブラヒム・ビルディング(Sultan Ibrahim Building)の外観
スルタン・イブラヒム・ビルディングの外観です(2006年4月撮影)

歴史を感じさせるスルタン・イブラヒム・ビルディング(Sultan Ibrahim Building)
1941年建設とあって建物全体の雰囲気が歴史を感じさせます(2006年4月撮影)

ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院辺りから見たスルタン・イブラヒム・ビルディング(Sultan Ibrahim Building)
アルルミグ・ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院辺りから撮影した写真です(2006年4月撮影)


[記事更新日]2016年3月26日
※2006年6月、2006年4月に訪れた時の体験を基に作成しています。


・ページの表示を高速化させるため、2009年9月5日から公開していたグーグル地図を埋め込みタイプから短縮URLへのリンクに変更しました(2016.3.26)












JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2009-2016