マレー半島最南端の都市「ジョホール・バル」
 JPN-WORLD.COM>>シンガポール>>ジョホール・バル>>アルルミグ・ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院

   見る>>
ヒンドゥー寺院『アルルミグ・ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院』

  ■インフォメーション

 ・英称 Arulmigu rajamariamman devasthanam temple アルルミグ・ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院(Arulmigu Raja Mariamman Devasthanam Temple)のゴープラム
 ・オススメ度 ★★★☆
 ・観光所要時間 15分
 ・住所 1 A, Jalan Ungku Puan, Bandar Johor Bahru, 80000 Johor Bahru,
 ・最寄駅 マレー鉄道「JBセントラル」駅より徒歩10分前後
 ・営業時間 不明
 ・入場料 不明
 ・公式HP 見当たらず
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/1JoeLysphdt
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【1911年に建てられたヒンドゥー寺院】
マレー鉄道「JBセントラル」駅から徒歩10分ほどの位置するアルルミグ・ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院(英称:Arulmigu rajamariamman devasthanam temple)は、1911年に建てられた歴史あるヒンドゥー寺院です。

外観はシンガポールなどでもよく見られるヒンドゥー寺院と同様で、ゴープラム(塔門)は色鮮やかに装飾され、見るものを惹きつけます。寺院周辺全体も独特な雰囲気に包まれているので、そういった雰囲気が好きな方やヒンドゥー教に興味がある方にオススメです。

  ■フォトギャラリー
ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院(Raja Mariamman Devasthanam Temple)の外観
アルルミグ・ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院の外観です(2006年4月撮影)

ラジャ・マリアマン・デバスザナン寺院(Raja Mariamman Devasthanam Temple)のゴープラム
見ての通り、ゴープラムは見事という言葉以外にないです(2006年4月撮影)


[記事更新日]2016年3月26日
※2006年6月、2006年4月に訪れた時の体験を基に作成しています。


・ページの表示を高速化させるため、2009年9月5日から公開していたグーグル地図を埋め込みタイプから短縮URLへのリンクに変更した他、寺院名、紹介文も修正しました(2016.3.26)












JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2009-2016