ポルトガル情緒が溢れる町「マカオ」
 JPN-WORLD.COM>>香港>>マカオ>>モンテの砦

   見る>>
17世紀初めにイエズス会の信徒によって築かれた要塞「モンテの砦」

  ■インフォメーション

 ・英称 Mount Fortress
漢字:大炮台
モンテの砦に備えられている大砲
 ・オススメ度 ★★★★☆
 ・観光所要時間 60分
 ・住所 澳門博物館前地112号(大炮台)
 ・交通アクセス セナド広場から徒歩10分~15分
 ・営業時間 7:00~19:00
 ・入場料 無料
 ・公式HP 見当たらず
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/8RXbhynPTCU2
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【17世紀初めにイエズス会の信徒によって築かれた要塞】
世界遺産(マカオ歴史地区)の一つにも指定されているモンテの砦は、17世紀初め(1617年~1626年)にイエズス会の信徒によって築かれた要塞で、今なお多くの大砲が備えられています。

1622年にオランダから侵略を受けた際、この砦から放たれた砲弾がオランダ軍の弾薬庫に命中し、見事に撃退したという逸話も残されています。

現在は気象観測所が設置されている他、展望台として開放されているので、ここから景色を楽しんだり、備えられている大砲を間近で見て楽しむことも可能です。また、小高い丘の上に位置しているので、ウォーキングなど軽い運動にも最適です。

  ■フォトギャラリー

外壁と階段

モンテの砦の外壁
モンテの砦の外壁です(2007年2月撮影)

歴史を感じる外壁
歴史を感じる外壁となっています(2007年2月撮影)

外壁にある柵
柵の奥がどうなっているのか気になるところですが入れないようになっていました(2007年2月撮影)

丘へと続く階段
丘へと続く階段です(2007年2月撮影)

丘へと続く別の階段
こちらも丘へと続く別の階段です(2007年2月撮影)

大砲と砲弾

モンテの砦に備えられている大砲
モンテの砦に備えられている大砲です(2007年2月撮影)

後ろ側から撮影した大砲
後ろ側から撮影した大砲です(2007年2月撮影)

真横から見た大砲
真横から見るとこんな感じです(2007年2月撮影)

壁から顔を出す3門の大砲
壁から3門の大砲が顔を出していますね(2007年2月撮影)

2門の大砲
ここからは2門の大砲が見えますね(2007年2月撮影)

壁から顔を出していた大砲を後ろから見た写真
壁から顔を出していた大砲を後ろから見た写真です(2007年2月撮影)

顔を出していた大砲
結構な高さなので下を見ると怖いです(2007年2月撮影)

砲弾
砲弾です(2007年2月撮影)

モンテの砦から見える風景 他

モンテの砦から見える風景
モンテの砦から見る風景です(2007年2月撮影)

マカオタワー方面の風景
マカオタワー方面の風景です(2007年2月撮影)

砦の壁から見える風景
砦の壁から見える風景です(2007年2月撮影)

壁にある長方形の小さな穴
壁にはこのような長方形の小さな穴も多数ありました(2007年2月撮影)

砦の中から見た風景
砦の中から見た風景です(2007年2月撮影)



[記事更新日]2016年3月7日

※2007年2月に訪れた時の体験を基に作成しています。

・ページの表示を高速化させるため、2010年9月27日から公開していたグーグル地図を埋め込みタイプから短縮URLへのリンクに変更しました(2016.3.7)






香港マカオmini(2017)

香港マカオmini(2017)
価格:1,080円(税込、送料込)






JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2010-2016