[韓国・ソウル]明洞、東大門、江南・・・ 活気溢れる韓国の首都
 JPN-WORLD.COM>>韓国TOP>>ソウル>>Nソウルタワー

   見る>>
2005年に生まれ変わったソウルのシンボル『Nソウルタワー』

  ■インフォメーション

 ・韓国語表記 N서울타워
読み:エン ソウルタウォ
ピンク色にライトアップされるNソウルタワー
 ・オススメ度 ★★★★★
 ・観光所要時間 1時間以上
 ・住所(日) ソウル特別市龍山区龍山洞2街山1-3
 ・住所(韓) 서울특별시 용산구 용산동2가 산1-3
 ・最寄駅 地下鉄4号線「明洞」駅3番出口より徒歩15分~25分で南山ケーブルカー乗り場へ
 ・営業時間 展望台:10:00~23:00(土曜日は24:00まで)
※他、施設により異なる
※年中無休
 ・入場料 展望台:大人9000W、他
※他、施設により異なる
 ・公式HP http://www.nseoultower.co.kr/(韓・英)
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/aMZEcHBMMHE2
 ・ロードビュー
 (Daum地図
http://dmaps.kr/gcd8 ※周辺の風景を確認できます。
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【2005年に生まれ変わったソウルのシンボル】
1980年にオープンして以来、ソウルのシンボルの一つとして愛され続けたソウルタワーは、2005年12月にリニューアルされ、Nソウルタワーとして生まれ変わりました。そのNソウルタワーの主な見所の一つが15億円もかけたといわれる照明施設で、夜になると最新LED技術によってライトアップされ、7色に変化するようになり、遠くからでも楽しめるようになっています。

また、施設内も回転レストラン、スカイカフェ、デジタル展望台など様々な施設が入り、何度訪れても違った楽しみ方が出来る様に設計されています。ちなみにNソウルタワーのNは「南山」のNと「NEW」のNの意味だそうです。

Nソウルタワーでは、ドラマのロケでも使用されることが多いので、運がよければ撮影現場を見れる場合があり、実際、私が行った際にもちょうどロケの最中でした。

ソウル市内も一望でき、まさに韓国を代表する観光名所の一つなので、初めて韓国を訪れる人には絶対に外せないオススメのスポットです☆

  ■フォトギャラリー

タワー外観

ピンク色にライトアップされるNソウルタワー
ピンク色にライトアップされています(2008年5月撮影)

グリーン色にライトアップされるNソウルタワー
グリーン色に変わりました(2008年5月撮影)

Nソウルタワーを見上げて撮影
タワーの下から見上げるように撮影しました(2008年5月撮影)

タワーからの眺望

Nソウルタワーからの眺望(明洞方面)
明洞方面を撮影しました(2008年5月撮影)

Nソウルタワーからの眺望(明洞方面・少しズームに)
同じく明洞方面ですが少しズームにしました(2008年5月撮影)

Nソウルタワーからの眺望(明洞方面・新韓銀行にライトアップされた南大門の絵と文字) 
もっとズームにすると、焼失した南大門近くにある新韓銀行のビルに南大門の絵と文字が
ライトアップされていました。内容はよく見えませんでした(2008年5月撮影)

Nソウルタワーからの眺望<漢江(ハンガン)方面>
真ん中に流れている川は漢江(ハンガン)です (2008年5月)

Nソウルタワーからの眺望(東大門方面・東大門市場のファッションビル)
東大門方面ですが、東大門市場のファッションビルがよく見えます(2008年5月撮影)

タワー周辺

Nソウルタワーの隣にある八角亭(パルガクジョン)
タワーの隣にある八角亭(パルガクジョン)です[2008年5月撮影]

国師堂(국사당터)
国師堂が祠の事なのかよく分かりませんが、国師堂について書かれているようです(2008年5月撮影)

光の葦(アシorヨシ)
光の葦(ヨシorアシ)というらしいです。葦というのは背の高いイネ科の草の一種です(2008年5月撮影)

Nソウルタワーの入り口
Nソウルタワーの入り口です(2008年5月撮影)



[記事更新日]2015年11月23日

※2008年5月に訪れた時の体験を基に作成しています。

・スマートフォンでも場所を検索しやすくする為、リンク型のGoogle地図情報を追加した他、紹介文の一部も変更しました(2015.11.23)
・2008年11月7日から公開していた内容にロードビュー情報を追加し、内容も最新の情報に更新しました(2013.10.14)












JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2008-2016