韓国最大の港湾都市「釜山(プサン)」
 JPN-WORLD.COM>>韓国TOP>>釜山>>朝鮮通信使歴史館

  
見る>>
朝鮮通信使について学べる歴史館「朝鮮通信使歴史館」

  ■インフォメーション

 ・韓国語表記 조선통신사역사관
読み:チョソントンシンサ ヨkッサグァン
朝鮮通信使歴史館
 ・オススメ度 ★★★☆
 ・観光所要時間 40分
 ・住所(日) 釜山広域市東区子城路99
 ・住所(韓) 부산광역시 동구 자성로99
 ・最寄駅 地下鉄1号線「凡一」駅2番出口から徒歩12分前後
 ・営業時間 9:00~18:00
※休業日:1月1日、毎週月曜日(月曜が祝日の時は翌日の平日が休館)
 ・入場料 無料
 ・公式HP http://www.tongsinsa.com(日・韓・英)
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/7h6J9tjx6mm
 ・ロードビュー
 (Daum地図
http://dmaps.kr/5xhw7 ※周辺の風景を確認できます。
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【朝鮮通信使について学べる歴史館】
子城台公園の一角に位置する朝鮮通信使歴史館は、1607年から1811年までの間、12回にわたって日本に派遣された朝鮮通信使について紹介している歴史館です。

館内はこじんまりとしてはいますが、朝鮮通信使のスタートや壬辰の乱(文禄の役)から国交回復までを展示物やアニメーションで紹介している第1展示館(1階)と、朝鮮通信使一行が乗った船の模型や日本までの険しい道のりを映像などで紹介している第2展示館(2階)で構成されており、より詳しく朝鮮通信使について学ぶことができる施設となっています。

地下鉄の最寄駅からは少し離れており、交通のアクセスは決して良くはないですが、展示物には日本語も併記され、日本人でも見学しやすいように造られています。

2017年10月末には、「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコの「世界の記憶(世界記憶遺産)」にも登録されるというニュースもありましたが、まさにそのテーマを紹介している施設なので、日韓交流の歴史に興味がある方には必見です。

※参考文献(サイト):『朝鮮通信使の公式HP』

  ■フォトギャラリー
★★★[外観と入口]★★★
朝鮮通信使歴史館の外観
朝鮮通信使歴史館の外観です(2017年7月撮影)

朝鮮通信使歴史館の外観
正面から撮影した朝鮮通信使歴史館の外観です(2016年6月撮影)

朝鮮通信使歴史館の入口
入口です(2016年6月撮影)

朝鮮通信使歴史館の観覧案内
観覧案内です(2017年7月撮影)

入口すぐのところにある朝鮮通信使の人形
入口すぐのところにある朝鮮通信使の人形です(2016年6月撮影)

★★★[第1展示館]★★★
朝鮮通信使歴史館の第1展示館
第1展示館です(2016年6月撮影)

映像のコーナー
映像で紹介しているコーナーです(2016年6月撮影)

朝鮮通信使を描いた絵巻物
朝鮮通信使を描いた絵巻物です(2016年6月撮影)

★★★[第2展示館]★★★
第2展示館の展示物
第2展示館の展示物です(2017年7月撮影)

第2展示館の展示物
写真では見づらいですが、日本語も併記されています(2017年7月撮影)

朝鮮通信使一行が乗った船の模型
朝鮮通信使一行が乗った船の模型です(2017年7月撮影)

朝鮮通信使を描いた絵巻物と模型
朝鮮通信使を描いた絵巻物と模型です(2017年7月撮影)


[記事作成日]2017年11月6日

※2017年7月、2016年6月に訪れた時の体験を基に作成しています。









JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ

Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2017