韓国最大の港湾都市「釜山(プサン)」
 JPN-WORLD.COM>>韓国TOP>>釜山>>峨嵋洞市場

  
ショッピング>>
1970年代に誕生した住宅街に隣接する在来市場『峨嵋洞市場』

  ■インフォメーション

 ・韓国語表記 아미동시장
読み:アミドンシジャン
峨嵋洞市場(アミドン市場)
 ・オススメ度 ★★★
 ・観光所要時間 30分
 ・住所(日) 釜山市西区九徳路165番キル34
 ・住所(韓) 부산시 서구 구덕로165번길34
 ・最寄駅 地下鉄1号線「土城」駅8番出口より徒歩約5分
 ・営業時間 不明
 ・公式HP 見当たらず
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/DQGpeeVLhaq
 ・ロードビュー
 (Daum地図)
http://dmaps.kr/uhpg ※周辺の風景を確認できます。
※住所、営業時間については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【1970年代に誕生した在来市場】
地下鉄1号線「土城」駅から徒歩5分程の場所に位置する峨嵋洞(アミドン)市場は、1970年代に誕生した住宅街に隣接する地元ならではの在来市場です。市場の規模は小さいですが、果物を中心とした食品、雑貨、日用品、服などが売られている他、食堂も軒を連ね、地元の買い物客を中心に利用されています。

ガイドブックにはほぼ掲載されていない市場ではありますが、その分、より地元の雰囲気を味わう事ができます。なお、近くには釜山のマチュピチュと称される観光名所「甘川文化村」へ向かうバス停もありますし、地下鉄1号線「土城」駅から徒歩で「甘川文化村」を目指す場合も、その通り道にあるので、時間に余裕がある方はちょっと寄ってみるのも良いと思います。

  ■フォトギャラリー
峨嵋洞市場(アミドン市場)の看板
峨嵋洞市場の看板です(2015年10月撮影)

峨嵋洞市場(amidong market)内の風景
峨嵋洞市場の風景です(2015年10月撮影)

峨嵋洞(アミドン)市場内の風景
ぎっしりと商品が詰まれていますね(2015年10月撮影)

峨嵋洞市場で販売されている服
服なども販売されています(2015年10月撮影)


[記事作成日]2016年1月22日

※2015年10月に訪れた時の体験を基に作成しています。












JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2016