ナイアガラの滝が有名な世界の観光地「ナイアガラ・フォールズ」
 JPN-WORLD.COM>>カナダTOP>>ナイアガラ・フォールズ>>徒歩でアメリカへ渡ろう!

    徒歩でアメリカへ渡ろう!>>

徒歩でアメリカへ渡ろう!

  ■レインボー・ブリッジ(カナダ側)のインフォメーション

 ・英称 Rainbow Bridge 「Pedestrian Entrance to U.S.A(アメリカへの歩行者の入り口)」の標識
 ・オススメ度 ★★★★☆
 ・観光所要時間 90分以上は必要
※単純に往復するだけなら60分強
 ・住所 5650 Falls Ave,Niagara Falls, ON Canada
 ・最寄駅 VIA鉄道「ナイアガラ・フォールズ(カナダ側)」駅よりタクシーで約10分
 ・営業時間 24時間(年中無休)
 ・入場料 通行料50¢(往復分)
※支払いはアメリカ・カナダドルどちらも可
※アメリカに渡る場合、入国税US$6必要
 ・公式HP(英) http://www.niagarafallsbridges.com/
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/sycWhrjhvG52 ※地図内の印はカナダ側のゲート入口付近
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【「アメリカの入国スタンプがほしい!」「徒歩で国境を越えたい!」という方にオススメ!】
ナイアガラの滝を訪れる方にぜひオススメしたいのが、徒歩での国境越えです。アメリカとカナダを結ぶレインボー・ブリッジを渡れば、そのままアメリカへ行くことができます!

当然ですが、島国の日本では経験する事が出来ないので貴重な体験を味わえます。また、入国スタンプも押されるのでいい記念にもなります☆

そこで、ここでは実際に渡る時の手順について簡単に紹介します。まず、事前の準備として「1.パスポート 2.アメリカのUS$6 3.通行料50¢(25¢2枚)」の3点が必要なります。アメリカUS$6についてはクレジットカードも使用可能ですが、私が当時持っていたANAのVISA・学生用カードではなぜか認証できず、吹雪の中、カナダ側へUS$を両替しに行くはめになり、無駄な時間を費やしてしまいました。

ちなみに、あとから財布の中にもう一枚JCBカードがあったことに気づき、「あ~!(使えたかは不明)」という感じでした^^:; こういうときのためにも複数枚クレジットカードをもっておくと便利ですが、予め、現金で両替した方が無難かもしれないですね。

これで事前準備は完了なので、いよいよ出発です。


□■ カナダからアメリカへの出国について ■□

「Pedestrian Entrance to U.S.A(アメリカへの歩行者の入り口)」の標識


手順[1]

まずはレインボー・ブリッジへと向かいます。

レインボー・ブリッジの入口付近に着くと、写真のように「Pedestrian Entrance to U.S.A(アメリカへの歩行者の入り口)」という標識があるので、それに従って進みます。

すると入り口が見えてきます。
レインボー・ブリッジ(カナダ側)の出国ゲート

手順[2]
中に入ると、無人の改札口のようになっています。ここでは通行料50¢(25¢2枚 ※アメリカドル、カナダドルどちらでも可)が必要なるので、持っていない場合は横に両替機があるので、そこで両替しましょう。

次にその25¢2枚を地下鉄と同じようにコインを入れ、バーを押して、TO USAと書かれた扉へと進みます。

【フォト(※別ウィンドウ)】
両替機の写真
写真の中央にある文字の拡大写真
レインボー・ブリッジ全景

手順[3]
扉を開けると、向こうにはアメリカ見えるので、そこを目指してレインボーブリッジを渡っていきます。

「あれ、出国審査は?」と思った方もいるかもしれないですが、カナダ側では無人のゲートのみなので、特にありません。気にせずに進んでいきましょう☆



【橋から見るフォト(※別ウィンドウ)】
少し歩いた所から振り返って見える景色
少し歩いた所から見える右側の景色
揺れるアメリカ国旗

手順[4]
橋をどんどん歩いていくと、橋の真ん中にカナダとアメリカの国境を示す掲示板があるので、そこで一枚写真撮影をするのも良いかも しれません(私は撮影し忘れました^^:;;)

さらに進むとアメリカの国旗、そして税関が見えてきます。


【橋から見るフォト(※別ウィンドウ)】
橋の中央を越えた所から見える右側の景色
Pedestrians(歩行者)の案内板

手順[5]
橋を渡りきると、「Pedestrians(歩行者)」という標識が見えてくるので、それに従い進みます。もうアメリカの入国管理所はすぐそばです。

カナダ側のTO USAの扉を開けてから、ここまでの所要時間は写真撮影を入れて20分前後といったところです。
アメリカの入国管理所

手順[6]
入国管理所に入ると入国管理官より、入出国管理カード(I94W)を渡されるので必要事項を記入します。時間短縮の為に日本等でI94Wを手に入れ、予め記入しておくのもよいと思います。

作成後は入国審査を受けて、入国税US$6を支払います。問題なければ入国スタンプを押され、入国完了となります。ちなみに管理所内はセキュリティの関係上、撮影です。

2009年から電子渡航認証システム(ESTA)が導入されますが、カナダ・メキシコなど陸路でアメリカへ入国する場合は登録不要のようです(JATAのHPより)

【フォト(※別ウィンドウ)】
入出国管理カード(I94W)


アメリカのWelcome Center(観光案内所)

手順[7]
入国管理所を出ると、そこはアメリカのニューヨーク州、ナイアガラ・フォール市です。

写真は入国管理所を出てすぐの場所で撮影しました。左側に見える建物はアメリカ側のWelcom Center(観光案内所)です。
□■ カナダへの再入国について ■□

カナダへ入国する為の鉄の回転扉 アメリカを満喫したら、再びカナダへ戻るためにレインボー・ブリッジへと向かいます。ただ、ここでは入国管理所には入らず、その横にある無人の鉄の回転扉(左記の写真)を通り抜けて橋を渡ります。通行料はカナダを出国する際に往復分の50¢を既に払っているので、ただ押すだけで通り抜ける事ができます。ただし、この回転扉は一度通ったら、入国管理所を通らない限り、戻ることが出来ないので注意しましょう。

橋を渡りカナダ側まで辿り着いたら、出国の時とは異なり、審査官の入国審査が待っています。通常の入国審査と同じなので、パスポートをチェックされ、英語でいくつか質問もされます。それが終わると再入国完了となります。



徒歩での国境越えは大体、こんな感じですがイメージはつかめましたでしょうか? あとは実際に体験して頂ければと思います。ちなみに所要時間は、橋を渡り切るのに片道15~20分程度で、それに入国審査等を加えて、さらにアメリカ滝を見るとなると最低1時間30分以上は必要だと思います。


[記事更新日]2016年3月13日

※2005年2月に訪れた時の体験を基に作成しています。

・ページの表示を高速化させるのに伴い、グーグル地図を埋め込み型からリンク型へ変更した他、公式HPのURLも修正しました(2016.3.13)
・2006年から公開していた内容をリニューアルしました(2008.12.20)













JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ
Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2006-2016