トップページ >> 日本ハムTOP >> We Love 日本ハム通信(第2号)


過去の記事一覧





 
           We Love 日本ハム通信:第2号 2009年10月21日 0:05

■いよいよクライマックス第2ステージ開幕へ

いよいよ今日から日本シリーズ進出をかけたクライマックスシリーズの第2ステージが開幕します。相手は野村監督の退団問題で話題の楽天です。

今回のシリーズは、ダルビッシュが不在の上、野村監督へ花道をといった感じが強く、楽天が有利という声をよく耳にします。また、世間も楽天と巨人の日本シリーズを望んでいる人達が多数ではないでしょうか。

ただ札幌ドームでは勝率が6割を超える日本ハムなので、そう簡単に負けることはないと思っていますし、こういう下馬評を覆すのも日本ハムの強さなので勝つと信じています。

さて、クライマックスの影に隠れていますが、本日は日本シリーズの抽選販売開始日でもあります。抽選販売なので慌てることはないですが、過去の経験からギリギリに申し込みするよりも、開始日に申し込みした方が当たる確率が高いように感じるので本日中にはある程度、応募するつもりでいます。

あと今年の日本シリーズから、札幌ドームのアッパー指定席が4700円と安くなったようなので、ここを中心に申し込みしつつ、外野席やB席などを2~3口程度、応募しようと思っています。

短いですが、今回はここまでにしますが、10月10日に行われた最終戦の動画を下記にて紹介していますのでお楽しみ下さい。20分以上の動画なので長いですが、今シーズン限りで引退した小田選手の最終打席や伊藤投手の最後のピッチングの他、引退セレモニー時にバックスクリーンに流れた映像や、日ハムの選手がペナントを持って場内を一周する様子など盛りだくさんの内容となっています。本当は今後作成予定の年度別特集にて公開する予定だったのですが、優勝を記念して特別に公開します。(動画の詳細・説明については年度別特集にて紹介する予定)。


※回線やパソコンの環境により、再生がスムーズにいかない場合もございますので予めご了承下さい。

P.S
実は最終戦の試合前のことですが、カメラを持っていた右手の人さし指にボールが直撃しました。バッティング練習も終わり、日ハムのナインがノックをしているときのことだったので、まったくの無警戒で、係員も注意の笛すら鳴らしていない状況でした。しかも、私は最前列だったこともあり、目の前にいた稲葉選手を撮影するのに夢中になっていました。

ちなみに私に当たったボールは、後ろの人の食べ物に直撃し、食べ物が床に散らばっていました。あと50ミリでもずれていたら、指ではなくカメラに直撃し、壊れていたと思います。当たった瞬間はかすった程度ぐらいだと思っていたのですが、指を何かに挟んだような感覚が続き、人さし指に力を入れると痛くて、その日はパソコンのキーボードも押せない状況でした。結局、痛みが完全に引くまで3日程度かかりました。

皆さんも練習中であったとしてもボールの行方には十分に注意しましょう。指ならまだしも頭に当たったら大変なことです。私の場合はカメラも壊れず、打撲程度で済んだので、本当に不幸中の幸いでした。



【グッズ関連】
その他の商品も見る


   Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2009-2014